グローバライズ [Kindle]

著者 :
  • 河出書房新社
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (119ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ナンセンスを芸術的だと褒めれるほどの、突き抜けた文章力や発想は残念ながら自分には感じられなかった。この手の作品が、この人にしか本当に書けないほどのものなのか疑わしい。

  • なんじゃこりゃ⁉️の12編の短編集。
    どれも 展開が、結末が、
    想像を絶する物語になっていて。

    1、2編目は、鼻唄まじりで。
    3編目「フランス人」で、
    どう捉えていいのか オロオロし始め、
    中盤の「専門性」には、
    嫌悪感に しばし 動けなくなった。
    10、11編目の「道」「観光」は、
    意外にも 繊細で巧みな表現に刮目。
    食い入るように、
    新鮮な言葉を 追っていたのだけれど。
    最後の「globarise」で、
    思いっきり 迷子になっちゃった

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1981年、埼玉県生まれ。2006年、「無限のしもべ」で群像新人文学賞を受賞。10年、「いい女vs.いい女」で絲山賞を受賞。著書に『いい女vs.いい女』『金を払うから素手で殴らせてくれないか?』等。

「2016年 『グローバライズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グローバライズのその他の作品

グローバライズ 単行本 グローバライズ 木下古栗

木下古栗の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする