【番外編】 守り人短編集 流れ行く者 守り人シリーズ電子版 [Kindle]

著者 :
制作 : 二木真希子 
  • 偕成社
4.57
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 守り人シリーズ番外編。主人公のバルサの幼少期の物語をいくつか書かれた短編集になっています。バルサの大切な仲間(以上?)の存在のタンダも主要人物として登場していて、彼らの深い関わりと友情(を超える?)もののバックグラウンドを知ることができ、ワクワクしながら読ませていただきました。このシリーズ通して感じていたのですが、人の心の難しさと分りやすさ、その相反するところを、注意深く描きだすことで、人の心の綺麗な部分を、きれいだと気づかせてくれる、そしてそれに感動させてくれる、そういった小説でした。本書でも、いろんな人の、いろんな気持ちに相沿って読ませていただきました。中程の物語で、物語を紡いで行くようなゲームが扱われているのですが、人によって、野心かお金かなど人生の目的があり、成功(勝利)の意味もそれぞれによって違うのだということを考えさせられました。読んでよかったなあと素直に思える小説でした。

  • バルサやタンダの子供の頃を描いた短編集。

    タンダは子供の頃からああいう人だったのだな。そして、バルサにも子供の頃の未熟な時代があったのだな。よくもまぁ対極な環境の2人。

    さて、また守り人シリーズ、最初から読み返しますか。

  • 守り人シリーズの外伝。バルサやタンダの少年期を描いた短編4作品。バルサと養父ジグロとのやりとりなど、本編でなかなか描かれていない場面もあって良かった。
    「浮き籾」「ラフラ(賭事師)」「流れ行く者」も、年老いた人の生き様を丁寧に描いていて、大人向けのビターな話に仕上がっている気がする。

全3件中 1 - 3件を表示

【番外編】 守り人短編集 流れ行く者 守り人シリーズ電子版のその他の作品

上橋菜穂子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

【番外編】 守り人短編集 流れ行く者 守り人シリーズ電子版はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする