いぬやしき(6) (イブニングコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (2)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (197ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018/01/20 016

  • 発見された獅子神は警察署に乗り込んで惨殺。
    犬屋敷の娘麻里は父親行動を不審に思い尾行。
    獅子神は日本全体を敵に回し、殺害を重ねていく。

  • 今迄全く意識していなかった犬屋敷のおじーちゃんに似ている人を見掛けると注視してしまうようになった

  • 獅子神がいくら撃たれても死なないの巻。「亜人」を連想する。指ピストルって子どもの頃よくやっていたこと。懐かしい。可もなく不可もなくで、絵がキレイなのでとりあえず面白い。最後は日本人全員を殺すということで殺戮を始めるのですが、そうなると面白くなるかも。

  • 唯一の理解者を殺されたことで、日本全体を敵に回して殺戮をはじめる

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

福岡県出身。1992年より「変 ~鈴木くんと佐藤くん~」を週刊ヤングジャンプにて連載スタート。1996年にはTVドラマ化されるヒットを記録。2000年より同誌にてSFアクション「GANTZ」を連載。マンガの背景にコンピューターを使ったCGを取り入れたりするなど緻密な作画とスリルある壮大な展開で好評を博し、アニメ、ゲーム、実写映画化などさまざまなメディアミックスがなされた。 2014年よりイブニング(講談社)にて「いぬやしき」の連載を開始する。

「2014年 『いぬやしき(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いぬやしき(6) (イブニングコミックス)のその他の作品

奥浩哉の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする