さぼリーマン 飴谷甘太朗(2) (モーニングコミックス) [Kindle]

  • 講談社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (229ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 連載当時、さぼリーマンとスイーツ本部長 一ノ瀬櫂がスイーツかぶりでもったいない連載をしていると思ったが、今、こうやって読み直すと、やっぱりもったいない連載だったな。は、さておき。「完璧なミルフィーユを完璧に食べたはずなのに…何かが引っかかる…」ミルフィーユは食べるのが難しい。むしろ人の目を気にせずかぶりつきたいわけで。家で食べるのがベストなのか。「自らの渇望の赴くままにスイーツを食べることで…新たな甘味の世界は開かれるんだ」入り口は背徳感からはじまったスイーツへの欲望だが…。そういう終わり方だったかと。すっきり。

  • スイーツモンスターの変態性が災いしたのか、二巻で完結してしまった。残念、もっと読ませろ。

全2件中 1 - 2件を表示

さぼリーマン 飴谷甘太朗(2) (モーニングコミックス)のその他の作品

萩原天晴の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

さぼリーマン 飴谷甘太朗(2) (モーニングコミックス)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

さぼリーマン 飴谷甘太朗(2) (モーニングコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする