甲鉄城のカバネリ 1(イベントチケット優先販売申し込み券付)(完全生産限定版) [Blu-ray]

監督 : 荒木哲郎 
出演 : 畠中祐  千本木彩花  内田真礼  増田俊樹  梶裕貴 
  • アニプレックス (2016年6月22日発売)
3.59
  • (3)
  • (9)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 39
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4534530093110

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 機関車とゾンビ…って設定に面白味はあるんだけれど如何せん物語が雑です。
    そもそもゾンビが国中に蔓延っているのに張り巡らされた線路が無事なはずないですよ(笑)リアリティ無さ過ぎで(涙)ですわwww
    しかもソンビの発生原因に関して物語を詰めるんではなく、父親への恨みつらみで復讐って方向に行っちゃってるのが残念でした。そうなっちゃうと最早、機関車何て影うっすい…(>_<)存在価値なし!
    最終話も非常に強引な展開で…残念以外何も出てこないですわwww

  • 第一話を観た時は、あまりの絵の綺麗さに感動した。

  • とにかく絵がきれい
    めちゃくちゃ動くのに崩れたとこがない
    無名ちゃんがとてもかわいい
    美馬さんがとても顔がきれい

    ストーリーはそんなにひねりがなくてあっさり終わったかんじだったけど、絵がいいと全体的な印象はかなりよくなるんだなーと思いました

  • テレビにて12話視聴。
    1話で、綺麗な絵!動き!と驚いて、その水準が続いた。
    しかもゾンビもの!
    変に和なテイストにも慣れて、結構のめり込めた。
    何よりも誰よりも無名ちゃんが素晴らしすぎた。

  • BDではなく、アニメ本編の感想。
    カバネと呼ばれるゾンビ、噛まれると感染する、ゾンビと人間の狭間の存在、生き残った人間が正体の良くわからないカバネから鋼鉄の列車に乗って逃げる、、、などなど、昔からの色んな人気アニメの要素を混ぜたようなあらすじだなぁ、と思って見始めたのだけど、映像やストーリーのテンポがすごく良くて、引きこまれて一気に見てしまった。主人公の生駒ふくめ、登場人物のキャラデザ、性格にパンチはなく華はないのだけれど、敢えてキャラクターを抑えているから、ストーリーや全体の映像に集中できるのはあるのかもしれない。
    今期いちばんハマってる。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする