USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか? (角川文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA
4.17
  • (6)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (160ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • P&G でブランドマネジメントをリードし、USJ をマーケティングの力で V字回復させた、真のマーケターによるアイディアの出し方・成功のさせ方。リソース・予算のない中、また震災で逆風の吹く中、どうやって USJ は集客を伸ばしたのか。そのためのアトラクションのアイディアはどうやって出てきたのか。必要条件を書き出し、戦略的にアイディアを考え抜く。苦しんで苦しんで、考え抜いた末に、アイディアの神様が下りてくる。

    その実例として、ハロウィーン・ナイトや、後ろ向きで走るジェットコースターなどをヴィヴィッドに紹介し、その思考フレームワークを説明する。

    業界2位以下の企業は攻め続けるしかない。変わり続けるしかない。仕掛けられる体力のあるうちに、将来の生き残りをかけてビジネスモデルを変革しておく必要がある。その危機感が凄い

  • USJ

    ・テーマパーク業
    景気が悪ければ一番先にカットされる
    消費者ニーズの移り変わりが激しいので、
    衰退とヒットの流れが早い

    ・2004年に破綻→不祥事
    潜在需要を阻害する要素=目的とズレた拘り

    1.ファミリー層
    2.差別化要素=関西依存の集客構造から脱却
    3.海外へノウハウの展開

    〈ブランド選択〉
    ・ブランドの世界観とクオリティ、ファンベース
    ・付加価値を加えられるかどうか

    ・マーケターは消費者目線が基本
    自分自身で体験してみる習慣

    ・「リアプライ」
    =既にあるビジネスアイディアを活用して新たな価値を構築する

    〈リノベーション〉
    体験価値が違うこと
    違うという期待値の刷り込み
    (違う点を予め誘導しておく)

    〈戦略フレーム〉
    目的
    戦略(必要条件)
    →経営四資源のどこに集中するか
    戦術(戦術)

    〈USJの強み〉
    =ユニバーサル社に依存しない独自の開発能力と効率的な経営(安い相場で開発)
    ・徹底した消費者理解を推し進めるマーケティング力
    ・ブランドの質にこだわった技術力

    ・映画は経年劣化する
    →世代を超える不朽の名作

    〈強い経済効果〉
    ・頻繁な巨額設備投資
    ・大量の地域雇用創出
    ・遠方から何百人の人を誘致
    ・人々の心を前向きに動かす

    ユニバーサル
    =経済効果+笑顔を作る
    →日本社会全体の公共の利益にダイレクトに繋がっている

  • マーケティングをすることの目的を明確に持ち、その上で何を持って実現するかの戦略を考えることが大事。先日読んだ効率的な本の読み方にも通ずるけれど、目的をきちんと持つということは本当に大事なことだと思った。

  • どうやってUSJを再建していったのかが森岡さんの心境やその時どう考えていったのかがわかる。

    フレームワーク
    ・戦略的フレームワーク
    →本書?
    目的、戦略、戦術をつくること。

    目的:安定して1000万人を年間集客
    戦略:小さな子供連れファミリー層の獲得
    →必要条件
    戦術:必要条件に合わせたアイディアをしぼる

    必要条件を設けることで、考える範囲を狭めておく。



    ・数学的フレームワーク
    確率思考の・・・
    ・マーケティング・フレームワーク
    USJを劇的に変えた・・・

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

戦略家・マーケター。高等数学を用いた独自の戦略理論、革新的なアイデアを生み出す ノウハウ、マーケティング理論等、一連の暗黙知であったマーケティングノウハウを形式知化し「森岡メソッド」を開発。経営危機にあったUSJに導入し、わずか数年で劇的に経営再建した。現在は、マーケティング精鋭集団「株式会社 刀」を率い、マーケティングによる日本の活性化に邁進中。

「2018年 『マーケティングとは「組織革命」である。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか? (角川文庫)のその他の作品

森岡毅の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする