グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書) [Kindle]

  • 文藝春秋
4.33
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 関税というものは大昔にはなかった。それが国民国家が出来上がっていくにつれて自国の産業保護の名目で関税というものができたのだろう。つまり、自由貿易ではなくて関税障壁は必要なのだ。
    企業は今、グローバル市場を食い物にする大競争(mega-competition)の時代から、需給が逼迫したために淘汰され血で血を洗うレッドオーシャン(red ocean)の時代に入ってきている。

  • 【国内外の気鋭の論者が徹底討論】世界的なデフレ不況下での自由貿易と規制緩和は、解決策となるどころか、経済危機をさらに悪化させるだけであることを明らかにする!

全2件中 1 - 2件を表示

グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書)のその他の作品

グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書) 単行本 グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書) エマニュエル・トッド

エマニュエル・トッドの作品

グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする