The Colour In Anything

アーティスト : James Blake 
  • ユニバーサル ミュージック合同会社 (2016年5月12日発売)
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0762183514629

The Colour In Anythingの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ライブものすごい良かった。このアルバムもとても良かった。choose me が特に好き。

  • 最新作の3rdアルバム。前2作で目立ったダブステップの趣きはトーンダウンした印象。全体的によりヴォーカルに重点を置いた音作りになっている。音響の目新しさはないが平均点はクリアしているのでは?

  • 楽曲そのものも、前作に比べてさらに洗練されて粒ぞろいだが、ヘッドホンではじめて聴いた時に、サウンドメイキングの細かさに度肝を抜かれた。
    例えば1曲目のボーカルにかかっている、薄くくぐもったようなエフェクトも効果的だし、すべての音色の位置や距離に並々ならぬこだわりを感じる。
    なるべく音の良いヘッドホンで、爆音で聴くのがおすすめ。ザラザラした気持ちも滑らかになるような、美しい音楽。
    James Blakeは、この音楽性でライブが音源を超えてくるところが何より素晴らしいと思っているので、フジロックが楽しみ!

  • 3rdアルバム。ダブステップ要素が薄くなってソウルとしての側面が強くなった作品。ジェイムス・ブレイクという1人のミュージシャンがソウル・シンガーとしても1級品だということがよくわかる。ただ、好きか嫌いかと言われたらちょっと微妙なラインかなと自分は思っていたり(苦笑)

全4件中 1 - 4件を表示

The Colour In Anythingのその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

The Colour In Anythingはこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする