図書館の魔女 第二巻 (講談社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.14
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キリヒトは、図書館で司書見習いをしている。キリンとハルカゼは専任の司書。そして議会と王宮と繋がっている。しかし今では図書館に無くてはならない者となった。一人は法文書に長けた間者として。一人は優れた軍師として。二つの勢力の間の均衡をとるマツリカのために働いている。難しい漢字や熟語が出てくる。言葉の世界を操る魔女が登場するからかな。キリヒトの真の任務が明らかになる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1968年、東京都生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。早大、東京芸大などで講師を務めたのち渡仏、現在はリモージュ大EDSHS EHICに籍を置き博士論文執筆中。専門分野は印欧語比較文法・対照言語学。『図書館の魔女』(上・下巻 講談社刊)で第45回メフィスト賞を受賞。

「2015年 『図書館の魔女 烏の伝言』 で使われていた紹介文から引用しています。」

図書館の魔女 第二巻 (講談社文庫)のその他の作品

高田大介の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする