ザ・ラストエンペラー (幻冬舎plus+) [Kindle]

著者 :
  • 幻冬舎
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (139ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仕事論。と言うよりも、人生に対する哲学がまとまった本だと思う。哲学は言葉に現れる。どういう言葉を使って表現しているか、どんな言葉を避けているか、言葉の選び方に送ってその人の生き様が表れる。この対談では見城徹氏の生き様が氏の言葉から見事に浮かび上がっている。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1950年静岡県生まれ。株式会社幻冬舎代表取締役社長。慶應義塾大学法学部卒業後、角川書店入社。1993年幻冬舎設立。主な著書に『憂欝でなければ、仕事じゃない』『人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない』(以上講談社)、『編集者という病い』(太田出版)『たった一人の熱狂』(双葉社)など。

見城徹の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする