会社の中はジレンマだらけ~現場マネジャー「決断」のトレーニング~ (光文社新書) [Kindle]

  • 光文社
3.17
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 18
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本格的に部下を見ることになり上司からの1on1で勧められて読んだ本。
    目の前に問題があり解決策が必要な人には物足りないかもしれないが、私のように今からマネジメントをはじめますという人には向いているのでは。

    任せて、見る。
    部下を観察すること。

    できていないなぁ、苦手だなと反省。
    意識して行わないと放置してしまいそう。

  • 現代のマネージャーが社内で抱える様々なジレンマについて、その要因と二人の専門家ならどう考えるかを開設した本。
    実務の専門家と研究の専門家の双方から出る意見は一読の価値はある。
    現代のマネージャーは、プレイングマネジャーが大半。もっというとマネージングプレイヤーですらある。
    組織も個人も成果を求められる中で、様々な課題に如何に対応していくのかという点で示唆に富む本である。
    下手なハウツー本なんかよりオススメ。

  • 読了。予想と違って、おじさん二人が居酒屋で雑談してるのを横で聞いてるような内容の本でした。まあ、ビッグトゥモロー読むような気分で、気楽に読了できましたよ。

  • 対談形式なのにお互いにお互いを「いいね!」してるだけというのはいかがなものか。
    あまりにも相手を否定しないので、飲み会のタイコモチ大会みたい。少しはディスカッションを通した論の発展をさせろ、と思う。
    問題に対する解決策も二人がほぼ同じ主旨で、これって二人でいる意味ある?

    二人とも異様に自己評価が高くて、近くで仕事したらめんどくさそうだな、と。

全4件中 1 - 4件を表示

会社の中はジレンマだらけ~現場マネジャー「決断」のトレーニング~ (光文社新書)のその他の作品

本間浩輔の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする