捨てられる銀行 (講談社現代新書) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (1)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (151ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 金融庁の改革が行われ、地方の金融機関がそれによってどのような影響を受けているのか、それに対応するしない様々な反応といったものに焦点を当てて書かれています。銀行業界に大きな影響を与えた不良債権の問題への対応にのみ特化した現状と、それに問題を感じての金融庁の動きが、主となる3人の人物を語ることで理解することができます。ここでは激震が走っているのだということをリアルに感じることができました。また金融機関のそれぞれの対応の仕方がどのような結末を招くのか、未来はわからないのですが、捨てられる銀行というタイトルの意味が深刻に響いていることを感じます。ニュースで金融機関の関係を読むために必要な基礎知識が書かれていると感じました。

  • 上のかたがたのオススメと聞いて読んでみた。2015年7月の森金融庁長官就任以降、金融行政の大転換が推し進められている。地方創生に対して地域金融機関の健全性とはなにか、関係構築の重要性、リスクテイク・収益性・自己資本のバランスなどなど。最近よく聞くようになった単語たちはこういう流れで私のような末端まで届くのだと初めて理解できました。単純に読み物としても半沢直樹みたいでおもしろかったです。

  • 「人気のコーヒーチェーンやテーマパークなどは、「コーヒーを何杯売れ」「何人の入園客を連れてこい」などの営業ノルマを設定しているだろうか。」

    しているだろう。
    銀行を変える。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

共同通信社経済部記者。一九七五年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。二〇〇六年共同通信社入社。経済部記者として流通、証券、大手銀行、金融庁を担当。〇九年から二年間、広島支局に勤務。金融を軸足に幅広い経済ニュースを追う。一五年から二度目の金融庁担当、一六年から資産運用業界も担当し金融を中心に取材。著書『捨てられる銀行』(講談社現代新書)は12万部超のベストセラーに。本書は森金融庁改革スクープレポートの第2弾となる。

捨てられる銀行 (講談社現代新書)のその他の作品

橋本卓典の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
榎本 まみ
國重惇史
伊賀 泰代
岸見 一郎
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする