確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力 (角川書店単行本) [Kindle]

  • KADOKAWA
3.73
  • (6)
  • (8)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 107
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (194ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ```〜読書感想シェア〜
    確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力
    この本は:
    感情を数字で具体化し、それを戦略で勝つ方法

    気になるところ:
    ・相対的な消費者のプレファランス=市場構造のDNA
    ・売り上げを上げる方法
    1プレファランス、2認知、3配荷をあげる
    ・相対エクイティー、差別化
    ・サイコパス=数字の冷静判断
    →江藤さんの「1円でも多く稼ぐ」

    面白い事例:
    ・V字回復を出版した理由
    →数値分析・エクイティー調査
    →自分たちの市場でのライバルと比較した時に広告費を使うのは、現実的ではないと思ったから、「地方のテーマパーク」というイメージ打破のために、認知度アップのためにメディアへのアプローチを考えてやったというところ
    ・臓器提供の意思率の差
    →意思決定は嫌がられる
    →コンテンツを高めればいいという話ではなく、ではなく見せ方

    次に学びたいこと:
    ・スナップマートでのプレファランスを深堀たい
    ・スナップマートの競合分析
    ・サイコパス(数字の冷静な判断ができる)になりたい```

  • 本書は数理マーケティングの事例を紹介した本である。主に確率論を使用した事例を紹介するだけでなく、数学が得意な著者がマーケティングをどのように見ているか、というところについても事例を豊富に揃えており、終始楽しく読むことができた。

  • 完全に当たり

  • データ分析だけでは意思決定出来ない、とはじめから思考停止する前に、とことん、正しいアプローチでデータを使いこなせ。数学とくに統計を学ぶ必要性を痛感した。

  • USJの森岡氏の書籍だったため楽しみにしていたものの、内容的には期待と異なっていた。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

戦略家・マーケター。高等数学を用いた独自の戦略理論、革新的なアイデアを生み出す ノウハウ、マーケティング理論等、一連の暗黙知であったマーケティングノウハウを形式知化し「森岡メソッド」を開発。経営危機にあったUSJに導入し、わずか数年で劇的に経営再建した。現在は、マーケティング精鋭集団「株式会社 刀」を率い、マーケティングによる日本の活性化に邁進中。

「2018年 『マーケティングとは「組織革命」である。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力 (角川書店単行本)のその他の作品

森岡毅の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力 (角川書店単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする