悩みどころと逃げどころ(小学館新書) [Kindle]

  • 小学館
3.98
  • (15)
  • (28)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 176
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (131ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1.引用
    ゲームだってレベルが10まであるとすれば、7ぐらいまでは攻略本にノウハウが載っているけれど、8から先に行きたければ自分で考えて探すしかないから。

    長時間の勝負になると、要領のよさとか効率のよさだけでは勝ち続けられない

    自分と向き合うのを避けていると、どこかでツケが回ってきますよね。その場は逃げられても、「自分が本当にやりたいことは何だったのか」って考える場面が、いつかやってくる。

    今、僕が「いい人生」だと思えているのは、何年も罪悪感や不安感に苛まれながら、悩んで葛藤して苦しんだ時期があるから

  • Be free from school values.
    学校的価値観から脱却せよ。学校的価値観に基づいた、決められた科目を頑張って勉強していい大学に行って、いい大企業に入れば幸せ、みたいな幸せはたくさんある幸せの形の中の単なる一例でしかない。幸せな人生は、自分で考えて悩んで自分で決める。

  • オーディオブックにあったので聞いてみた。対談はオーディオブックと相性がよいと思う。聴きやすい。

    梅原大吾さんがかっこいい。

  • ちきりんウメハラ対談本。ちきりんの少しだけ外した物の見方が好きなんだけれど、この本はやはりウメハラの突き詰め方が真似できないわーって所が一番。ウメハラはホントに何やっても一流なんだろうなー、追い込み成長マニアには敵わん。

  • 読んでると誰かと議論したくなるという意味では良い本かも。

  • 「日本の学校教育」をテーマに、考え方の全く異なる2人の対談をまとめた本。自分は学歴エリートちきりんさんの言う「素直でいい子」だと思う。テストで高い点を取ることで褒められたいと思っていたから、一夜漬けの勉強ばかりだったし「自分の頭で考える」ことをしてこなかった。良い発見だったのは、「自分の意見がない」のは学校の教育が原因だったというもの。大事な時期に学校的価値観を刷り込まれたことが非常に残念だし、気がつけなかった自分も反省。「学校エリートと仕事ができる人って、同じじゃない」という意見に納得。社会的評価を目指さず、納得できる自分の居場所を探していこうと思う。

  • イヤだと思ったらさっさとやめて、いろんなことやればいいじゃん。というちきりん氏と真逆の考え方を持つ梅原氏の対談が面白かった。弱っているときはちきりん氏の声に耳を傾け、気力が充実しているときには梅原氏のストイックな姿勢を見習うのがいいかも。 人生に正解なんてないからみんな悩む訳だけど、しっかり悩んで苦しんで、できることはやった上で、確固たる”納得感”を得て死にたい。

  • 20161231読了
    人生論、学校教育について対談について書かれた本。
    学校教育的な価値観
    納得感という言葉が印象的
    足掻くことも大切
    やりたいことがある人生も苦しい
    逃げるんじゃなくて、自分の居場所をさがす

  • 自分の子どもにぜひ読ませたい。
    学校以外にも場所を作ろう。
    何でも出来る子ではなく、夢中になれることを探させよう。

  • 超ストイック一極集中型人生のウメハラさんと学歴エリートで幅広く経験積んでのほほんといきたいちきりんとの人生論対談はどっちもすごく対局で思考を揺さぶられるから面白い。

    ふたりとも深く思考を重ねているので、回を追うごとに議論が深まっていくのがおもしろ。
    あとがきにあった“議論を整理してきた人が、ゼロから考えてきた人に勝てたりはしないんです。”というフレーズがとても印象的でした。

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

【ちきりん】社会派ブログ「Chikirinの日記」運営者

「2013年 『強く生きるノート 考え方しだいで世界は変わる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)のその他の作品

ちきりんの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする