マリー・アントワネット 下 (角川文庫) [Kindle]

  • KADOKAWA
4.00
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 45
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (330ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 囚われの身となってからの覚醒
    母マリア・テレジアの言葉を
    ついに理解するも時すでに遅し
    全てに捨てられたと理解しながらも
    最後まで戦う姿には惹きつけられる

    王妃に同情的だからかもだけど
    フランス革命ってなんだかなぁ…

  • ミュージカルはこの小説がベースですね

  • 人生の終盤に徐々に気高さを手に入れていく描写が好きだった。

  • 下巻面白かったです。
    一気に読んだ。
    特にヴァレンヌへの逃亡は、まるで映画を観てるように読んでてドキドキした。

    この著者は、本当にマリーアントワネットを愛してるんだなぁと感じせずにはいられない書き方で、彼女の内面がよく書かれてる。

    マリーアントワネットは、高貴で尊厳と品位を携えた王妃だったんだなー。
    オーストリアの女帝の娘として生まれ、王妃の称号を剥奪されても、死ぬまで王妃ったんだ。
    天から地獄の底まで落ちたアントワネットだけど、晩年の彼女の、マリア•テレジアを彷彿とさせる強さはとってもカッコいい。

    翻訳の中野京子さんの書き方は、ほんと小説を読んでるかのように書かれてて、読み入ってしまった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

シュテファン・ツヴァイク(Stefan Zweig 1881–1942) 
1881年ウィーンのユダヤ系の裕福な家庭に生まれる。ウィーン大学で学びつつ、作家として活動を始める。第一次世界大戦中はロマン・ロランとともに反戦活動を展開。戦後は伝記小説等で人気を博しながら、ヨーロッパの人々の連帯を説く。ヒトラー政権の樹立後、ロンドンに亡命し、さらにアメリカ、ブラジルへと転居。1942年2月22日、妻とともに自殺。亡命下で執筆された自伝『昨日の世界』と、死の直前に完成された『チェス奇譚』(本作)が死後に刊行された。

「2021年 『過去への旅 チェス奇譚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シュテファン・ツヴァイクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
テッド チャン
サン=テグジュペ...
ジャレド ダイア...
ミヒャエル・エン...
レイ ブラッドベ...
フィリップ・K・...
劉 慈欣
シュテファン・ツ...
カート ヴォネガ...
ジョージ・オーウ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×