なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である [Kindle]

著者 :
  • 文響社
3.88
  • (102)
  • (153)
  • (108)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 1216
レビュー : 168
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (190ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  本書の結論は至ってシンプルです。ラストスパートではなく、ロケットスタートをする事で、仕事が終わるというものです。マイクロソフトで右クリックを開発したほどのビジネスマンが、考える仕事方だからとっつきにくいんだろうなと思っていましたが、実際はシンプルイズベストでした。大まかに言えば頑張るべき時間を変えるだけですから、明日からでも始められると感じましたし、現在実行しています。 

     また、本書で用いられる例はマリオカートでから引用したロケットスタートや、ドラゴンボールの界王拳など、堅苦しい表紙からは想像できない様なわかりやすいものばかりでした。 
     結論がシンプルである、例えが分かりやすい、この2点が本書の魅力であると私は感じました。

  • 米マイクロソフト本社でWinidows95を開発した著者が激務の中で時間とどう付き合うべきかをまとめた一冊。全体の2割の時間で8割の仕事を終わらせるという考え方に研究者も見習うべきだと感じた。

    最も印象に残った言葉
    「崖を飛び下りながら飛行機を組み立てろ」

  • 最初の8割を2割の時間で終わらせる(ラストスパートは最悪)
    →時間に余裕がある時にこそ全力疾走で仕事し、締め切りが近づいたら流す という働き方

    朝の時間で仕事のほとんどを終わらせてしまう意識(午後は流し)

    「なるはやで」という指示は× 必ず期限を設けて指示を出す

    プロトタイプをいち早く作り、それを何度も直していくイメージ

    マルチタスクは放棄

    「あなた」の役割は規則を守ることではなく、仕事を終わらせることです。

    集中力を無理に引き出さなければならない仕事は辞めるべき。天職=好きで好きでたまらない仕事

    いいアイデアは自然と出てくるものであり、すでにあるものの組み合わせによる応用である。

    仕事は15分で終わるサイズに切り分ける

    あなたの仕事は仕事を終わらせること。あなたの人生の仕事はあなたの仕事を終わらせることではなく、人生を思いっきり楽しむこと。

  • 正直いうと共感できる点は少なかった。
    事あるごとにアメリカ人のライフスタイルを見本とする考え方や、筆者オリジナルの仕事術を参考にする気にはなれなかった。
    ・すべての仕事は必ずやり直しになる
    ・締め切りの前に締め切りがある
    ・最初の2割の期間で8割の仕事を終わらせる(ロケットスタート時間術)
    は参考にできる部分があったが、その点で言えばもっと自分にとっては参考になる書籍がある。

  • Windows 95を作った伝説のプログラマー、中島 聡 氏の時間術の本。彼の時間術について書かれている。先に応用問題から取り組んでかかる時間を見積もる、最初の2割の時間で8割の仕事量を終わらせる、など仕事で活かせそうな時間術がたくさん載っていて参考になった。


    以下要約
    ・「終わらない仕事」はこうなっている
    →締め切り間際にラストスパートで仕事を終わらせようとする態度(ラストスパート志向)

    ・先にやるべきは基本問題ではなく応用問題
    →基本問題はただの計算なのでどれくらいで終わるか時間を見積もれるが、応用問題は一瞬でわかることもあれば果てしなく時間がかかることもある。なので、先に応用問題から取り掛かることで正確に仕事を見積もる。

    ・最初に頑張るアメリカ人と最後に頑張る日本人

    アメリカ人→朝早くから働いて夕方5時、6時には帰って家族との時間を過ごす。

    日本人→夜遅くまで会社に残ることが美徳とされているため、朝早くから働いても強制的に夜遅くまで働くことになる。仕事より家族を優先するとやる気がないように思われる。

    ・「なるはや」をやめれば緊張感が生まれる
    →日本のなるはや病(締め切りは明示しないけど、とりあえず早めにやってくれると助かるのでなるべく早くやってくれ)という締め切りのない曖昧な指示も終わらない仕事の原因。

    →アメリカではどんな仕事も必ず締め切りが設けられる。締め切りがあるから効率化を考え、その結果生産性が上がる。

    ・「余裕を持っておけばよかった...」
    →「スラック」という。スラックがない状態が続く(睡眠不足、徹夜などが続く)と、人はどんどん生産性が落ちる。

    ・結局、なぜあなたの仕事が終わらないのか
    ①安請け合いしてしまう
    ②ギリギリまでやらない
    ③計画の見積もりをしない

    ・その仕事は、本当に間に合うのか?
    →まず、仕事のリスクを自分で測り、締め切りまでに終わらないことが分かれば上司にすぐに報告する。

    →最初から100%のものを作るのは不可能なので、70%以上のクオリティのもの(プロトタイプ)を作りで一度チェックしてもらう。全ての仕事は、必ずやり直しになる。

    ・待ち合わせ30分前に、スタバでコーヒーを飲め
    →仕事を締め切り前に終わらせることは大前提。「締め切りの前に締め切りがある」と考えなければならない。

    ・ルーがなくてもカレーは作れる
    →「困難は分割せよ」by デカルト

    →ビル・ゲイツ「その問題とこの問題は独立している」

    ・時間を制する者は、世界を制す
    ①リスクを測定できる
    ②目に見える形のもの(プロトタイプ)を素早く作ることができる
    ③誤差に対応できる

    ・嫌なことをやりたくなければ効率化するしかない
    →予習こそ最強の時短
    →やりたいことをやるためには、やりたくないことを速攻で終わらせるしかない

    ・まずは「締め切りは絶対に守るもの」と考える
    ①「まずはどのくらいかかるかやってみるので、スケジュールの割り出しのために2日ください」と答えて仕事に取り掛かる(見積もりをするための調査期間をもらう)
    ②その2日をロケットスタート期間として使い、2日で「ほぼ完成」まで持っていく
    ③万が一、その2日で「ほぼ完成」まで持っていけなかった場合、これを「危機的な状況」と認識してスケジュールの見直しを交渉する

    →2割の期間で8割の仕事を終わらせてしまう

    →考えてから手を動かすのではなく、手を動かしながら考えてくださいり崖から飛び降りながら飛行機を組み立てるのです。

    →仕事の提出を前倒すのではなく、取り掛かりの時期をこそ前倒す。

    ・徹夜は仕事がノッているときにしろ

    ・仕事を最速で終わらせてはいけない
    →仕事を早く終わらせることよりも、仕事を安定して続けることを意識すべきです。結果、焦って仕事をしていた時よりも早く、しかも高い完成度で終わるようになるのです。

    ・界王拳を使ってメールを返す必要があるか?
    →集中力を上げるために必要なことは、マルチタスクを放棄すること。マルチタスクこそ、仕事が進まない理由の最たるものです。

    ・朝が最強である3つの理由
    ①外部要因の締め切りが設定できる(擬似的な締め切りを意図的に作れる)
    ②メールをチェックする必要がない
    ③話しかけてくる人がいない

    ・結局、ロケットスタート時間術とは何なのか
    ①すべての仕事をスタートダッシュでこなして、絶対に終えられる納期を導き出す
    ②最初の2割の期間を「見積もり期間」としてもらい、実際には、仕事量の8割を終える
    ③最初の2割の期間で8割の仕事が出来なかったら、期限を延ばしてもらう
    ④「仮眠をとる」と「マルチタスクをやめる」で、仕事の効率を上げる

    ・目的があれば、勉強はたやすい
    ①大きな仕事は縦に切り分ける
    ②複数の仕事が並行するときは、1日を横に切り分ける
    ③それでもダメなら納期延長を申し出る

    →目的のない勉強はするな。勉強のための勉強に意味はない。

    「時間を制する者は、人生を制す」

  • タイトルに当てはまる人々への著者の、変わって欲しいという思いが溢れる本でした。
    時間の使い方がへたで、このタイトルが刺さる人は、変わらなきゃって前向きになれる本だと思います。

    【瞬読アウトプット:毎分8500文字】
    待ち合わせや締め切りの考え方がガラッと変わる→人生も変わる本
    10時に駅前で待ち合わせなら、5分前に着くようにする、のではなく近くのスタバに9時30分にはついて一服している。30分前なら、電車が遅れてもだいたい対処できるから。電車遅延のリスクなど、あらゆるリスクをある程度見積もって回避する。
    ロケットスタート(見積)時間術。ラストスパートは諸悪の根源【取り掛かりを前倒しする】
    仕事にかかる2割の時間で8割終わらせる。(最初の2割で仕事の進捗が思わしくなかったら、軌道修正や上司に相談もできる)コーヒーを淹れたりしないで、仕事のみに集中すること。乗っている時なら徹夜も効果的。あとの8割は流し。仕事の質を高め、次の仕事の準備にあてる。
    一日も、2割(午前中)にその日の仕事を8割終わらせる。午後はメールチェックや電話、会議、マルチタスクにせず、一つずつこなしていく。
    昼寝は18分。アイマスクや環境を整えて自分の最適な昼寝時間を割り出す→夜の二時間に匹敵する昼寝
    長期プロジェクトは仕事を縦にきれ。例)1年を4か月で割る
    平行して進む仕事は1日を横に切る。例)朝昼晩に分ける

    翌日の仕事の準備は、前の日の夜から。タスクリストを作っておく。15分で終わる仕事に分割する。
    終わったらチェックしていく。
    仕事は楽しくやりたいものを!目標を持って、仕事をすること

  • 仕事に対する日本人とアメリカ人の考え方などを基に、仕事のスピードを上げるための方法を述べている。多くの人が見落としがちな仕事の考え方やそれを改善するための「ロケットスタート時間術」を学ぶことができる。仕事に関する能力はあるけど、イマイチ成果に手ごたえがない人などにおすすめの一冊。

  • ラストスパートでなく、ロケットスタート。まず、全体を俯瞰できる8割の成果を、2割の時間でやり切ることに集中せよ、とのメッセージ。に加えて、仕事への取組姿勢についての考えを論じています。

  • タイトルの問に対して、著者のある意味極端なスタイルを示しつつ、一般のひとがそこにいかに近づけられるか考えていくようなストーリー。
    「目からウロコ」的なものは無いけど、読みながら自分の中では少し作業見積りの仕方についてアイディアが出てきた。
    あとはMSの小話が出てくるのはそれはそれで読んでておもしろい。

  • 時間術の本だと思って読んでいたけど、人生哲学の本だった、というのが感想

    筆者が提唱するロケットスタート時間術はどこから編み出されたかというと、どうやって好きなことにかける時間を多く、嫌なことにかける時間を少なくするかという最適化の発想が原点となっている

    一度きりの人生、如何に自分にとって楽しいことをして過ごすかという筆者の哲学を感じる
    また、今の時代に合っているのではないかとも思う

    個人的に一番心に残ったのは、ロケットスタート時間術は納期を守るためのものであり、際限なく仕事をこなすためのものではないという点
    時間管理をして際限なくタスクをこなそうとしていた自分にとって、ロケットスタートで仕事を開始し、残りは流すというやり方があること、それこのような成果を出している方が提唱していることを知って考えが切り替わった

    ありがとうございました

全168件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

中島聡(なかじま さとし)
1960年北海道生まれ。早稲田大学高等学院、早稲田大学大学院理工学研究科修了。高校時代からパソコン系雑誌『週刊アスキー』において記事執筆やソフトウェアの開発に携わり、大学時代には世界初のパソコン用CADソフト「CANDY」を開発。学生ながらにして1億円を超えるロイヤリティーを稼ぐ。1985年に大学院を卒業しNTTの研究所に入所し、1986年にマイクロソフトの日本法人に転職。1989年には米国マイクロソフト本社に移り、Windows95、Internet Explorer3.0/4.0、Windows98のソフトウェア・アーキテクトを務め、ビル・ゲイツの薫陶を受ける。学生時代から、そして米マイクロソフト本社においても、「右クリック」「ダブルクリック」「ドロップ&ドラッグ」を現在の形にするなどWindows95の基本設計を担当し、またWindows98ではOSにインターネット・ブラウザの機能を統合することでマイクロソフトのブラウザのシェアを世界一にするなど、大きな成果を上げ続けた。2000年に米マイクロソフトを退社し、ソフトウェア会社UIEvolutionを設立、CEOに就任、現在に至る。

「2016年 『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中島聡の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
リチャード・P・...
岸見 一郎
デールカーネギ...
伊賀 泰代
トマ・ピケティ
リンダ グラット...
アンドリュー・S...
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器であるを本棚に登録しているひと

ツイートする
×