超・箇条書き [Kindle]

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.96
  • (14)
  • (23)
  • (9)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 175
感想 : 21
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (237ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 非常に良い本でした。特に、ガバニング(統制)、MECE崩し、文章のメッセージ化が勉強になりました。ポイントは3つ、などとガバニングするのは、聞き手に引き出しを準備してもらうための思いやり。MECEからさらに要点を焦点を明確にするために「捨てる」というMECE崩し。そして「ボリュームからバリューへ」など「AからB」へというメッセージ化でソフトにAを否定し、Bという方向性を出すテクニック。非常に読みやすくシンプルな本ですが非常に奥深い本でした。

  • 20200812読了
    ビジネスで使える箇条書きの指南書。要点がシンプルに纏まっており、具体例もあって分かりやすい。
    ピラミッドストラクチャーとかロジカルシンキングの本読む前の入門書としてもいいかも。

    超・箇条書きの要点は3点。特に印象に残った事をまとめる。

    ・構造化
     一瞬で全体像が分かるように整理し、頭出しの文で纏める

    ・ストーリー化
     読んでもらえるように相手の文脈に合わせてイントロを工夫する、固有名詞を使って生々しさを作る

    ・メッセージ化
     相手に行動してもらうために自分のスタンスを取る、否定形を使って主張を際立たせる

    言うは易し行うは難し。普段のメールとかプレゼン資料でも意識していきたい。

  • 良いことを言っているが、少し冗長。

  • ■感想
    内容が濃いにもかかわらず、すぐに読める、とても良い本です。
    ・すぐに実践できる内容がまとまっています。
    ・10年以上社会人をやっていますが、まだまだだなぁ、と思わせられることが多かったです。
    ・形式的なテクニックで、一定のレベルまで持っていける、ということが学べます。

  • 読み通してみて、むしろ自分がこんなふうに説明してほしい、、という内容だなと感じた。

    週報などの短文レポートとか本書のようなノリでまとめれば間違いないでしょう。
    個人的には大学(もしくは高校)でこういったスキルを教養として教えることに意味があるのだろうと思う。
    つまり「相手は忙しいはず」ということを前提とすれば、自然と伝える力は付くものだと思うが、あえて体系的にインプットしておくと効率がいいかと。

  • 本書では、コンサルでよく使用されるフレームワークを実践的な形にアレンジした形でを紹介している。大元を辿るとバーバラ・ミントの本に通じるところが多いが、そこから実際のビジネスで使用するにあたりエッセンスを抽出した上で効果的な使用方法まで紹介されており、加えてストーリーメイキングのコツまで記載されているため、大変有用であると感じた。

  • 箇条書きについて超紐解いた本。一時期会社の仕事で、「箇条書きか表以外の表現方法は無いのか」と思い、図表化やグラフ化にこだわっていた時期がありました。そんなことはせずとも、箇条書きを極めればよかったのか。レベル感を揃える、数字を使うなど当たり前に使いこなさないといけない情報が学べます。

  • 短く、魅力的に伝えること
    ストーリーライティングを通じてスライドづくりも上手くなる
    パラグラフライティングを通じてべた書きも上手くなる
    コミュニケーション手段を上達させる出発点となる

    技術
    1.構造化(レベル感を整える)
    key:自動詞と他動詞、直列と並列、ガバニング
    2.物語化(フックをつくる)
    key:イントロ、MECE崩し、固有名詞
    3.メッセージ化(スタンスをとる)
    key:隠れ重語排除、否定、数字

    MECE(ミーシー)Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive
    漏れなく、ダブりなく

    メールなど身近で使えるスキルだなと思った
    自分自身も箇条書きは好きでメール等で使用していたが、ベタ打ち感も否めなかった
    この論理だとこれまでの工夫の仕方が当てはまったりしたし、磨いていきたいと感じた。

  • ★凡庸にして最強スキル、それが箇条書き

    箇条書きほど便利で短くまとめる技法はないですよね。
    本書は箇条書きをさらに使いこなすための秘訣が書かれています。
    これでアナタも箇条書きマスターになれますよ!

    ■超・箇条書きの技術
    1.構造化
    ・レベル感を整えよう!
    ・自動詞と他動詞を使い分けよう!
    ・時間軸を整えよう!

    2.物語化
    ・フックをつくろう

    3.メッセージ化
    ・スタンスとって魅力的にしよう!

  • 普通の箇条書きを超えた、洗練された箇条書きをするための作法をわかりやすくまとめた本。タイトルはイケていないが、中身は非常に良くできている。箇条書きで書き出したけどなんかしっくりこない/イケていないと感じるときに読むとその改善方法がつかめる。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

杉野 幹人(スギノ ミキト)
A.T. カーニー マネージャー、東京農工大学工学部特任教授
東京工業大学工学部卒業。INSEAD MBA修了。早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程修了。博士(商学)。NTTドコモを経て、A.T. カーニーに参画。経営戦略、マーケティング戦略、新規事業、経営会議運営支援等の幅広い経営コンサルティングプロジェクトを手掛けている。著書に『会社を変える会議の力』(講談社現代新書)、『コンテキスト思考 論理を超える問題解決の技術』(共著、東洋経済新報社)がある。

「2014年 『使える経営学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉野幹人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
清水 久三子
レオ・バボータ
赤羽 雄二
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×