「こつ」と「スランプ」の研究 身体知の認知科学 (講談社選書メチエ) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (298ページ)

著者プロフィール

慶應義塾大学環境情報学部教授。工学博士。生活における様々な学びを「身体知」と捉え、その獲得プロセスを探究する。自ら野球選手としてスキル獲得を行う実践から、学びの手法「からだメタ認知」と、研究方法論「一人称研究」を提唱してきた。単著に『「こつ」と「スランプ」の研究――身体知の認知科学』(講談社)、『身体が生み出すクリエイティブ』(筑摩書房)、共著書に『知のデザイン――自分ごととして考えよう』、『一人称研究のすすめ――知能研究の新しい潮流』(ともに近代科学社)。

「2020年 『「間合い」とは何か 二人称的身体論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

諏訪正樹の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

「こつ」と「スランプ」の研究 身体知の認知科学 (講談社選書メチエ)を本棚に登録しているひと

ツイートする