ひとはなぜ戦争をするのか (講談社学術文庫) [Kindle]

  • 講談社
3.40
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (56ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フロイトとアインシュタインの往復書簡だが、ボリュームが少ないため、考える余地は少ない。その時代にアインシュタインがこの対談テーマを選んだという事実が興味深い

  • アインシュタインとフロイトが「人間を戦争というくびきから解き放つことはできるのか?」 というテーマを元に往復書簡したものをまとめたのが半分。残りの半分は養老孟司と斎藤環による解説。養老孟司の方は解説というより自分の意見を述べている感じであったが。

    面白いのはアインシュタインがこれを書いたのは1932年のポツダム近郊ということ。「なぜ戦争をするのか」という書簡の後に第二次世界大戦が起きるということを我々は知った上で読んでいる。

    書簡の中でフロイトは「破壊兵器がこれほどの発達を見た以上、これからの戦争では、当事者のどちらかが完全に地球上から姿を消すことになるのです。場合によっては、双方がこの世から消えてしまうかもしれません」と書いている。その書簡の相手が、この後にもっとすごい破壊兵器の開発を提言する手紙に署名するという事実に笑ってしまった。

全2件中 1 - 2件を表示

ひとはなぜ戦争をするのか (講談社学術文庫)のその他の作品

ひとはなぜ戦争をするのか (講談社学術文庫) 文庫 ひとはなぜ戦争をするのか (講談社学術文庫) アルバート・アインシュタイン

アルバート・アインシュタインの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする