ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります [DVD]

監督 : リチャード・ロンクレイン 
出演 : モーガン・フリーマン  ダイアン・キートン  シンシア・ニクソン 
  • ポニーキャニオン (2016年9月2日発売)
3.38
  • (4)
  • (26)
  • (36)
  • (5)
  • (1)
  • 本棚登録 :154
  • レビュー :28
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013055193

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アパアルトマンを売りに出し、
    どたばた劇に巻き込まれる老夫婦の数日の物語に、
    人生の豊かさを見る。

    共に闘えるパートナーと巡り合い、
    ときめきあい、
    生きることができたら、
    きっと人生は最高に幸福だ。
    どこに暮らそうとも。

  • 原題:5 flights up (2014年) ※日本公開 2016年
    収録時間:92分

    先日観た「セブン」のモーガン・フリーマンと、結構好きな「恋とニュースのつくり方」のダイアン・キートンが夫婦で、40年住んだ眺めは良いけど階段がキツイ部屋を、年を取り将来的に不安を感じ売りに出すお話。
    ワンコ可愛い。
    家を見るのが好きなので、もっと内装や眺望を楽しめるかと思ったけど想像以上に少なかった(笑)
    しかも内容も結構穏やかな感じを想像していたけど、かなりのドタバタ…。
    結局、部屋自体は気に入ってるし、思い出もあるし、引っ越し先にと気に入った売り手に振り回されたという理由でキャンセルし、部屋を売る事すらやめるわけだけど…。
    そうなると、数人からオファー来ていて、その内の1組は念願の養女を迎えるから是非にと手紙まで書いてくれたのに、その人達の事を振り回す立場になるわけで…。
    姪っ子も恩恵があるから動いたって事もあるんだろうけど、結局振り回した形になったわけで…。

    “モーガン・フリーマンとダイアン・キートン主演によるドラマ。ブルックリンの街を一望できるアパートの最上階。画家のアレックスと愛妻・ルースが住むこの建物にはエレベーターがないという欠点があった。ある日、ルースは年老いた夫の今後を心配し…。”

  • 大山鳴動して鼠一匹。
    人騒がせな老夫婦の話。リリーの気持ちが良く判る。全然共感出来なかった。

  • 夫婦になるって 一緒に生きていくってことなんだ。
    一緒に住み始めるわくわくからスタートして、色んなことを乗り越えて、お互いのために戦って。
    夫婦っていいな。

    老夫婦が大切な部屋を売りに出して引っ越そうとする話。(年齢的に5階まで階段キツいから)
    劇的なことがありそうな雰囲気出しといて結局ないけど、日常をちょっと愛せるようないい感じの映画。

    ムカつくやつはいっぱいいっぱい出てくる!
    結構イラッとくる‼︎
    でも2人が全くぶれないところがいい。
    モーガンフリーマンの毒入りジョークもサイコー。こういう役ぴったり。

    迷惑な夫婦だって思う人もいるようだけど、あんな姪や客なら別に振り回したっていいじゃない。
    奴らは自分の利益しか見てないんだから、こっちだって自分らの幸せだけ見て選択したって何一つ責められるようなことはない。
    あの夫婦には幸せになる権利がある。

    いつか売るとは言ってたけどきっと売らないだろう。
    願わくは近々エレベーターが設置されますように!


    犬が大手術する件必要だったのか?と思ったら、
    原作の小説はHeroic Measures(思い切った処置)というタイトルらしく。
    犬の件と思いきや、リスクは怖いけど振り切って頑張る家売りの隠喩になってたようだ。それならまあ納得。
    原題は 5 Flights Up (5階上)。うーん。タイトルつけるのも難しいもんだな。

  • 結末は最初から大体予想できるのだから、もう一捻り欲しい。
    ※夫婦の配役が私の好きなあの二人でなければ、多分途中で飽き飽きしたと思う。

    例えば…

    ・既存のアパートにエレベーターが増築されることになり振り出しに戻る(笑)。

    ・テロの容疑者(あくまでも濡れ衣)と鉢合わせとなり…、結果的に思わぬ展開になる(夫婦が超有名になったり、アパートが高値になったり)。

    ・夫妻のどちらかが他界し、価値観が大転換。

    ・早い段階で、不動産業界や人間の醜さに辟易し、田舎暮らしを決める。

    etc…

  • テロリストのニュースと自分たちの家売る買うだのと突き合わせて、から騒ぎしてるだけで日常や幸せの意味を考え直すって無理あるような気がするなぁ。

  • 姪っ子を振り回したことは置いといて、、こういう夫婦いいな。

  • こんな場所に住んでみたいものだ

  • 夫婦の絆を見る映画。
    配役がよかった。ストーリー…特筆すべきことはない。

  • 主人公夫婦、その友人の男性、内覧の子供とわんちゃん以外みんな意地悪く描かれていて、なんだか映画の好感度も上がらない。
    最後もいい感じで終わってるけど、振り回された姪っ子は可哀想。

    夫婦の関係やインテリア、思い出の回想シーンはよかった。そして神出鬼没の子供がとてもいい味を出してる。

全28件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする