AIの遺電子 2 (少年チャンピオン・コミックス) [Kindle]

著者 :
  • 秋田書店
4.03
  • (8)
  • (20)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 128
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (192ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 縺ゅ◆縺溘°縺?黄隱槭′縺サ縺ィ繧薙←縺ァ縺昴l縺後%縺ョ繧キ繝ェ繝シ繧コ縺ョ迚ケ蠕エ縺ァ縺ゅj縲∽ス懆???霄ォ縺ョ迢吶>縺ェ縺ョ縺九b縺励l縺ェ縺?¢繧後←縲√b縺」縺ィ逧ョ閧峨?蜉ケ縺?◆縺ョ繧りェュ繧薙〒縺ソ縺溘>縲ゅ◎繧後?縺昴≧縺ィ縲∽ココ髢薙↓讓。縺励※縺ェ縺??螻槭?縺榊?縺励?辟。鬪ィ縺ェ繧?▽繧定ヲ九k縺ィ縺ェ繧薙□縺九Ο繝薙ち繧呈?昴>蜃コ縺吶?

  • Kindle期間限定無料版にて。
    2巻まで無料の2巻。
    これはホント面白いなあ。
    一応ヒューマノイドと人間の違いをわかるようにはしてくれてるんだけど、読んでるうちにどっちがどっちだかわからなくなる。
    そして時折出てくるロボット。
    それぞれ別の種族なのだが、それぞれに生きている。
    そう。
    ロボットも人権こそないが、やはり生きているのである。
    一体人間とは?
    ヒューマノイドとは?
    ロボットとは?
    色々考えさせられるなあ。
    やっぱり全巻買っちゃおうかなあ。

  • -

  • 盛り上がってるAI。
    考えの一助になるかも?!
    死なない人間であるAI独自の悩みとか興味深いです。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

山田胡瓜 KyuriYamada
漫画家。IT記者としての活動の傍ら作品を描き続け、
2012年、『勉強ロック』で「月刊アフタヌーン」アフタヌーン四季大賞を受賞。
2013~2015年に「ITmediaPCUSER」に連載した『バイナリ畑でつかまえて』で注目を集める。
2015~2017年に「週刊少年チャンピオン」で連載された『AIの遺電子』は、人間そっくりのヒューマノイドを治療する医師を主人公にした、
AIと人の関係を描く近未来SFコミックとして、各方面に大きな反響を呼ぶ
(単行本は秋田書店から、全8巻で完結)。
2017年より「別冊少年チャンピオン」にて、『AIの遺電子REDQUEEN』の連載をスタートさせている
(単行本第1巻は、2018年4月に秋田書店から刊行予定)。

「2018年 『バイナリ畑でつかまえて 新編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田胡瓜の作品

ツイートする
×