ぼくは愛を証明しようと思う。(1) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

  • 講談社
3.36
  • (3)
  • (3)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 53
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (211ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ナンパする数 × 係数 = モテ
    という図式で、テクニックだけじゃなくて、ちゃんと"数"に触れているのが、先んじた言い訳というか、まぁ正しいのでいいんじゃないか。

  • なんか下品。
    ナンパ術自体は、それを使うことで自分に自信が出て成長できるのでよいと思う。
    ただ、ストーリーやセリフが下品。
    ナンパの先にあるものを提示できなければダメだと思う。

  • 全ての非モテへ捧ぐバイブルの1巻

    p57 男のモテは成功率×施行回数で表される。
    ⇨平凡的な男は10%なので、とにかく施行回数をあげていく必要がある。後は場数で成功率を上げる。

    p70 女はセックスしたり恋人にするかもしれない男のかただの友達の男かをすぐに分けてしまう。いったん友達フォルダに入れられると男フォルダに戻るのは至難の技だ。
    ⇨友達フォルダに入る前にアクションを。俺はずっとこらやった。

    p79 1日に50人だよ。
    ⇨声かけはこれぐらいやらないとだめ。

    p97 絶対フォトショでシミとかシワ取ってるだろ
    ⇨永沢さんが街コンでディスったフレーズ。ディスりも大事。

    p102 ビールの後にフォトショップ使えるんだと聞いてまた、はい、と言わせている。こうやってイエスと言い続けてると自然とラポールが形成され、連絡先を聞かれたりホテルに誘われてもイエスと言ってしまうんだ。
    ⇨イエスセットを繰り返せ。

    p116 タイムコンストレイントメソッド 女は知らない男に話しかけられるとしつこく付きまとわれるんじゃないかって心配するんだよ その不安をこっちから払拭してやることでナンパの成功率が上がるんだよ。
    ⇨この後飲み会だからとかも有効やね。あくまでバンゲ打診の時は。

    p124 街コンでは最初の2時間半でなるべく多く連絡先をゲットする そして終了20分前にそのまま飲みに行ける相手を見つけ4人で飲みに行くのが基本戦略だ。
    ⇨ただ街コン自体はレッドオーシャンなので、いくのはたまににしよう。ただそこでしか会えない女もいるはず。

    p133 これから毎日練習するんだ、店員やすれ違った女。とにかく惹かれる女がいたら見つめ続けろ、目をそらすな、毎日だ。しっかりと目を見て話せる男に女は自信を感じて好意を持つんだ。
    ⇨目ビームってやつか。でてなくてもいけそうなら見続けよう。

    p145 これってナンパだったの?そんなことどっちだっていいじゃないか
    ⇨カッコいい。

    p148 連絡先を交換する時は簡単なメッセージをその場でおくれ。名前、相手に関すること、簡単なメッセージだ。
    渡邉です、就職おめでとう、今度飲みに行こうよ、みたいにな。
    ⇨参考しよう。

    p155 俺はナンパで人を騙したくない 親切に時間を割いてくれた人に失礼だ。だから道聞きオープナーは本当に道を聞きたい時だけ使ってくれ
    ⇨たしかに直接法の方が男らしい。

    p175 本当の恋愛プレーヤーはみんながナンパしないような場所でナンパするんだ。
    ⇨ブルーオーシャンでやりつつ、レッドオーシャンでもやる。

    p181 連絡先を聞いてすぐ立ち去ると女はナンパで手当たり次第に声をかけているだけだったのかとがっかりするんだ、また簡単なメッセージを送るのも忘れるなよ
    ⇨会話は最後まで続けようね。

    p187 この近くにオシャレなカフェがあるから俺たちの奢りで行こうよ。どこのカフェ?スターバックス、ちょっとだけ話さない?
    ⇨少し笑わせる感じのオープナーw

    p190 恋愛工学は中の上以上の女に対してのものだ、
    ⇨低レベルは素早く打診すればいいのかな。

    p204 非モテコミット 欲求不満な男がちょっと優しくしてくれた女性を簡単に好きになったり、この女性しかいないと思いつめて好かれるために必死にアプローチすること。女性からキモいとか搾取相手としか思われなくなるから要注意だ。絶対ダメ!
    ⇨重要ワード。これまでの自分や。

  • -

  • 漫画版で読むとリアル感もあって非常に良い。

  • 続き、はよ。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。

「2017年 『ぼくは愛を証明しようと思う。(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ぼくは愛を証明しようと思う。(1) (アフタヌーンコミックス)のその他の作品

藤沢数希の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする