エンド・オブ・キングダム ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/特製ブックレット付) [Blu-ray]

監督 : ババク・ナジャフィ 
出演 : ジェラルド・バトラー  アーロン・エッカート  モーガン・フリーマン  アロン・モニ・アブトゥブール  アンジェラ・バセット 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016年9月21日発売)
3.42
  • (8)
  • (11)
  • (22)
  • (7)
  • (0)
  • 本棚登録 :92
  • レビュー :26
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967291193

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大統領と2人だけのやりとり、かっこいい。
    楽しい緊張感。
    いい仲間たちが少しの絡みのみでやられるのは悲しい。

  • ド派手な愛国映画

  • 爽快なアクションは大好きで、なにも考えず見てられます。
    強すぎるボディガードと大統領も爽やかでかっこいい。

  • 反西洋諸国の武器商人兼テロリストによるロンドンでの大規模テロに立ち向かうアメリカのシークレットサービス。
    お姫様(大統領、おっさん)を救う王子様(SS、おっさん)というストーリーラインも前作と変わらないので、あまりみるところはない。

  • 大統領のヒロインさが前作よりも増してかわいくなってる。けど、話はだいぶムチャ。

  • ロンドンの主要な建物が、次々と崩壊されていく
    英国の人が、こんなん観て、気ぃ悪くならんやろか

    アメリカ人のマイク捜査官がロンドンの地図にメチャ詳しい

    ひたすらバンバン撃って、バンバン人が死ぬ
    前作の方がまだマシ

  •  大統領とボディガードの活躍を描く第二弾。
     イギリスに各国首相が集まる中、同時テロで多くの首相が亡くなった。アメリカ大統領にも危機が迫る。

     前作からスケールアップ! ホワイトハウスだけを舞台とした前作からロンドン全土がテロの舞台で各国首相がどんどん死んでいくという無茶苦茶ぶり。しかもイタリア首相は不倫中に! 振り切れてやり過ぎてる点は評価。
     FPSを意識したかのような銃撃戦の描写は迫力ある。大統領射撃うますぎ!

     最後にテロの黒幕にドローン攻撃があるわけですが、あの映像は米軍による報復テロと見えるように撮ってるように思ったのは私だけでしょうか。。。

  • おっと、シリーズ二作目から観てしまった。閉鎖的な空間でのアクションでないので、ちょっと散漫な感じ。怪獣映画のようにロンドンの名所が崩壊してしまう。

  • 前作が「ダイ・ハード」なら、本作は「24」。テロリストの攻撃がやたら大規模で現実味乏しい設定ですが、とにかくテンポがよくて事件が発生して解決するまで全くムダがない。1時間半でサクッと見終わりました。途中の長回しのロングショットも臨場感があって良かったな。 

  •  イギリス首相の死と世界中のトップが集まる葬儀。この舞台をテロリストが仕組む。憎悪が憎悪を呼ぶテロとの戦いに、子供が間も無く生まれるシークレットサービスが大統領を守り、脱出するというストーリー。憎悪の始まりは、アメリカが武器商人ファミリーを爆撃したことから始まる。アメリカを正当化して、テロリストとの対立構造を作っていくが、逆の立場で見れば、それがいかに虚像であるかも見えてくる。正義の反対は正義なんだ。プロパガンダ映画、アメリカが正しいとする映画を作り、国民を導くものがいる、そしてそれを正しいと信じる国民もいるだろう。あっさりと殺される日本の総理大臣のシーンを見ながら、政治を公平な、まっすぐな目で見なければと思えるところのみ、本作の意味があろう。

全26件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする