コンビニ人間 (文春e-book) [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
3.77
  • (34)
  • (81)
  • (45)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 491
レビュー : 68
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (88ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016年上半期・第155回芥川賞受賞作品。
    ・・・僕とは全く相性の合わない芥川賞作品。これまで読んだ同賞
    受賞作品の中でピンと来たのがピース・又吉直樹の「火花」くら
    い。なので通常は避けるタイプなんだけど、タイトルと煽り文に
    惹かれて思わず電子書籍版購入。さて・・・。

    僕らの年代は「初代コンビニエンスチルドレン」に該当する。
    今やそこらへんにあるのが普通なコンビニエンスストアだが、
    その頃住んでいた街に最初のセブンイレブンが出来た時は、本当
    に感動を覚えた。以降は夜に手持ちぶさたになると何故かコンビ
    ニへ(^^;)。そのクセは、今も結構変わっていないような気がする。

    そんなコンビニで「働く」方の女性を描いた物語。
    先天的生活機能障害を抱えた女性が主人公。36歳でこれまで就職
    の経験無し、大学在学中から18年間をずっとコンビニのアルバイ
    ト店員として過ごす。未婚、恋愛経験無し、そして処女。間違い
    なく常人とは異なる感覚を持つ彼女が、唯一社会と繋がっていら
    れる場所がコンビニエンスストア。コンビニのマニュアルに従い、
    店員を「演じる」ことで、社会に必要な「部品」で居られる。
    そんなコンビニに、ある男が同じアルバイトとして入ってきて・・・
    という内容。

    主人公はもちろんだが、途中から登場する男性(←コイツはクソ
    ^^;)がやたらとサイコ。特に何が起こるでも無い展開なのにもか
    かわらず、ちょっとしたホラー小説を読むよりよっぽど薄気味が悪
    い。その所為で読むのを中断するタイミングが全く無い、という見
    事な構成。正直、これまで読んだ芥川賞作品の中ではベスト。一気
    に読ませてくれる筆力、単純にすばらしいと思う次第。

    そして、個人的には主人公の女性をちょっと尊敬さえしている自分
    に気づく。週5日勤務し、職場を愛し、周囲に絶えず気を配る。
    立場はアルバイトかもしれないが、コレはもう立派な「仕事」。そ
    してそこに18年も勤務している段階でもう僕は負けている。自慢じ
    ゃないが、同じところで18年働いた試しなど無いのだから。

    こういう形のプロフェッショナルが居ても全く問題無い。というか、
    フランチャイズ側の人間はそういうスタッフさんをすくい上げ、
    活躍する場・・・トレーナーとか研修担当とか・・・を与えてあげるべき
    なんじゃないか、とすら思う。

    ちなみにこの作品、問題提起が多々ある筈なのに、ラストまで一切
    の解決は無し。にもかかわらず、充実した読後感をくれた村田沙耶香
    という作家を、僕は心からリスペクトします。

    ・・・芥川賞にもいい作品あるじゃん♪

  • 結婚しなくても、就職しなくても、本人が決めた快適な生き方なら誰も何も追求すべきではない。そこから外れることが異常で、おかしなことだと決めつけるべきではない。みんな周りの人の傾向や話し方に少なからず影響を受けている。

  • なかなか面白くて興味深く読めた。
    感性っていうのは十人十色なのはわかっていたつもりがこの本を読むと覆された。自分の考えは平均的な考え?でもそれに近いか遠いかだで人は安心する。かけ離れると理解しがたい!って思うわな。何が普通か何が良いかなんて何て確たるの無いと思う!けど、それがないと世界はどうなってしまうのか。世界わ小さくても私は理解できなくても理解しようと思う。本音で話して共存したいと思います。

  • 主人公は自分が「普通」でないことを自覚しているが、どこがどう普通でないのかが理解できていない。しかし、18年間コンビニのバイト店員であり続けることで、世間と同調しているかに見られている。

    主人公の目を通して一人称で語られる「こちらの世界」は相当不気味で不快であるのだが、主人公はそれを淡々と受け入れていく。途中で登場する白羽さんと主人公は同棲することで、より「普通」な人間に修復されることになりそうになるのだが……。

    昨年の芥川賞受賞作(第155回)。現代社会の同調圧力や異端排除、差別などを鋭く描写していると思う。

  • 楽しくサクサク読めましたが、怖い話でもありました。普通って何だろう、と考えさせられる。そして、普通でないところを普通に矯正しようとする世間、社会。やっぱり怖いお話です。

  • テレビの北朝鮮のドキュメンタリーで、スラスラと元帥様の偉大さについて語っていた少女が、好きなもののことを教えて、と聞かれて絶句し、さらに聞かれて、よくわかりません、と答えるというのを見た。その後、テレビのキャスターは彼女に対して、「自由に考えることのできる私たち」を疑いもなく対置していた。「あちら」はおかしい、「こちら」になるべき、『治る』べき、というのである。

    自由に考えることができることは尊い。
    しかし、その自由は相対的なものでしかありえない。我々もまた彼女と同じなのではないか、好きなものは何かと聞かれて、心から即答できると自負する私たちと、今日の幸福は元帥様のおかげであると即答する彼女との間になんの違いがあるというのだろうか。

    誰しも「コンビニ人間」であることから自由ではありえない。
    自分は自由であり「普通」であると信じて疑わないことの不気味さが浮かび上がる。

  • コンビニという何気ない日常から日本の息苦しさのようなものをたんたんと描いている。そして同時にそれはかえられるわけでもなく、失うわけにもいかないことも。 この息苦しさは昔のムラ社会からくるものだと登場人物の一人は語っている。いまやムラ社会というのは田舎に限ったことではなく都市部でも蔓延しているしその傾向は強くなっている。日本全体がムラ社会。コンビニは驚くほどその日本の空気、ムラ社会と逆の体をなしている。コンビニにたまに感じる違和感は、ムラ社会側にも属し自分の中にもっているムラ社会よりの考え方がたまたま強くなったときに感じるのだろう。コンビニはムラ社会と反対のものとして成り立ち、ムラ社会になじめない人にとってオアシスであり、主人公の女性も唯一自分らしく店員としていれる場所になっている。 こうでないといけないという強い規律がコンビニにはもちろんあるが、それはムラ社会のそれと対極的に合理的に描かれる。きっと日本のムラ社会の息苦しさは極度に合理性を欠いたことからうみだされてしまっている。

  • あらすじだけで読みたくなる、芥川賞らしからぬ作品だった。帰省の道中で楽しもうかなーと思っていたのに、ちょっと読み始めたら一気に読んでしまった。私は学生時代にコンビニでバイトしていたことがあるので、余計に共感も大きかったのだと思う。今思い出しても、いろんなバイトの中でコンビニは結構好きな空間だった。

    けど、その「何となく好き」を克明に文字として浮き彫りにしていくのは簡単なことではない。それを、村田さんはやってのけている。

    主人公も相手の男も、ちょっと極端だ。極端であまり現実味はないのだけど、だからこそフィクションとして安心して読める部分もあったと思う。あんな男、目の前にいたらパンチ食らわせてしまいそう(^^;; けど、なんか笑ってしまう部分もある。

    キャラは極端だけど描き出されている葛藤はとても普遍的なもの。いわゆる人並みの人生を送れていない私には、うなずける部分も多々あった。子どもくらい産んだほうがいいよー、子どもはいいよー、って何度いわれただろう。いや産みたくないわけじゃないんですよ…って何度言葉を飲み込んだだろう。そろそろそれすら言われない歳になってきて、それはそれで私生きてていいのか?なんて思うこともある。かと言って不幸なのか?と問われれば、結構楽しく生きている。

    生きる意味とか考えてしまうことはあるけれど、若い頃ほどではなくなった。いくら考えたって、人間はひたすら生きて死んでいくもの。両親にだけは申し訳ないと思ったりもするけれど、うちの親は本当にこういうことに関して何も言わない。きちんと仕事を持って、おまえたちが笑って暮らしてくれていればそれが一番嬉しいんだよ、という。そう言われるたびに涙が出そうになって、自分は本当に幸せ者だなぁと実感する。

    自分の居場所って、誰もが探してるんだと思う。でも、きっとそれはそんなに大げさでないところにある。部屋の隅にぽつんとある小さな古ぼけた椅子みたいな、誰も気にとめないけど自分にとってはすごく落ち着ける場所。そういうものを大切にしていきたいなぁと感じた一冊だった。

  • 場の空気を読むということのできない、ロボットのような人間が、コンビニだけではフィットして働き続けられるという話かと思いきや、それすら本人の思い込みであったという救いのない話。最近こういうのが多い。

  • 「コンビニ人間」(村田沙耶香)[電子書籍版]を読んだ。これはいいね。
    差別と偏見に満ち満ちた現在社会とそんな社会に取り込まれてしまっている自分に反省する。
    『迷惑をかけていない私をほっといて!』という叫びは痛みを伴う記憶として私の中に今もまだ熱い筈ではないのか。
    どうした、俺!

全68件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

村田沙耶香(むらた さやか)
1979年、千葉県印西市生まれ。二松學舍大学附属柏高等学校、玉川大学文学部芸術学科芸術文化コース卒業。
2003年『授乳』で第46回群像新人文学賞優秀賞を受賞しデビュー作となる。2009年『ギンイロノウタ』で第22回三島由紀夫賞候補及び、第31回野間文芸新人賞受賞。2010年『星が吸う水』で第23回三島由紀夫賞候補。2012年『タダイマトビラ』で第25回三島由紀夫賞候補。2013年、しろいろの街の、その骨の体温の』で第26回三島由紀夫賞受賞。2014年『殺人出産』で第14回センス・オブ・ジェンダー賞少子化対策特別賞受賞。2016年『コンビニ人間』で第155回芥川龍之介賞受賞。
2018年8月末、『地球星人』を刊行。

コンビニ人間 (文春e-book)のその他の作品

コンビニ人間 Audible版 コンビニ人間 村田沙耶香
コンビニ人間 単行本 コンビニ人間 村田沙耶香

村田沙耶香の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

コンビニ人間 (文春e-book)を本棚に登録しているひと

ツイートする