犬にきいてみろ 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single) [Kindle]

著者 :
  • 2016年7月18日発売
3.26
  • (6)
  • (15)
  • (45)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 173
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (34ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 花咲舞シリーズの短編。工場の経理不正をテーマに、気軽にさくっと読める。ただ短くまとめすぎてしまっていて、他の池井戸さん作品ほどの爽快感は無し。

  • 社長って大変だよな。

  • prime readingで見かけて、そういえば花咲舞ってドラマになってたなあと思い、初めてながら読んでみました。
    短編1本なので読みやすく良い。
    キャラに思い入れも何もないせいか、お見合い相手に唐突に自社の経理担当者の不正に関する相談を始めるところが無理矢理な印象だった。

  • シリーズ試し読み。エンタメとしては読みやすく痛快ですが、リアル銀行員としては、こんな同僚はいやだなあ。

  • 短編だからこその内容。

  • 舞の見合い相手の工場不正摘発。犬が食べていたのは・・・。

  • Kindle Single に2作品あったのですが、一方は文庫本に載っている作品だったようなので
    こちらだけ読みました。アマゾンプライム会員で無料でした。
    この出だしのとこって、ドラマでもあったような…

  • あっという間に読める超短編ながら、読後のスカッと感は最高。
    だめなものはダメ、してはいけないことはしない、卑屈になっていじけない…など、すぐに陥りやすい負の感情を花咲舞がスパッと切り捨てる。

    爽快!

  • Prime Readingであったので読んだ。
    テレビの「花咲舞シリーズ」と同じでスカッとした。
    どれだけ暴言を吐かれてもめげずに言い返す舞の姿が相変わらずかっこよかった!

  • Prime Readingにあったので

全30件中 1 - 10件を表示

プロフィール

池井戸 潤(いけいど じゅん)
1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学文学部および法学部を卒業。子供の頃から本に親しみ、作家になりたいと思っていた。『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。

以降、2010年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞を、2011年『下町ロケット』で直木賞をそれぞれ受賞。他の代表作に、半沢直樹シリーズ『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』、花咲舞シリーズ『不祥事』、『空飛ぶタイヤ』『民王』『ルーズヴェルト・ゲーム』『七つの会議』『陸王』『アキラとあきら』など。多くの作品がドラマ化・映画化されており、非常に高い人気を誇る。

池井戸潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
池井戸 潤
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする