堤清二 罪と業 最後の「告白」 (文春e-book) [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (114ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • サンデー毎日 2016.10.9 著者インタビュー

  • 何でもできる人のことを天才と呼ぶのであれば、堤清二こそ天才と呼ぶのにふさわしいのではないだろうか。少なくとも本書を読む限りではそのように思う。また、康次郎を中心に一族を鬼畜と呼ぶ人も多いけれど、お金持ちなんてこんなものじゃないのかな、などと思ってしまう自分がもはや不感症なのだろうか。

  • 【第47回大宅壮一ノンフィクション賞受賞!】セゾングループを率いた堤清二氏が、死の前に明かした堤一族の栄華と崩壊の悲劇。月刊「文藝春秋」の衝撃連載を待望の単行本化!

全3件中 1 - 3件を表示

児玉博の作品

堤清二 罪と業 最後の「告白」 (文春e-book)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×