ドキュメント パナソニック人事抗争史 (講談社+α文庫) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (210ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ありきたりな社内政治と内部抗争で会社が堕ちていく話。経済学における、経営者による会社へ業績への貢献度合いの話と同様の手合いで、本当かどうかという論証はできない。
    ただこういうストーリーをよく耳にするにつけ、「理想的なリーダー像」とは必ずしも求められているものではないのではなかろうかと疑問に感じる。
    つまり、出世する(しやすい)社員とは「理想的なリーダー」と真逆の性質をもっているのではないかというように考えるようになった。

  • 「東芝解体 電機メーカーが消える日」に松下は内部抗争で力を失ったとありましたので、詳しく知ろうと本書を。経営陣のやることなすこと裏目に出てたんですね。パニックホラームービーの粗筋を読んでいるようでした。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1955年、和歌山県生まれ。ジャーナリスト。2004年、『年金大崩壊』『年金の悲劇』(ともに講談社)により講談社ノンフィクション賞を受賞。また、同年「文藝春秋」に掲載した「伏魔殿社会保険庁を解体せよ」によって文藝春秋読者賞を受賞した。他の著書に、『われ万死に値す ドキュメント竹下登』(新潮文庫)、『血族の王 松下幸之助とナショナルの世紀』(新潮社)、『新聞が面白くない理由』(講談社文庫)、『パナソニック人事抗争史』(講談社プラスアルファ文庫)などがある。

「2020年 『裁判官も人である 良心と組織の狭間で』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ドキュメント パナソニック人事抗争史 (講談社+α文庫)のその他の作品

岩瀬達哉の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ドキュメント パナソニック人事抗争史 (講談社+α文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする