ハチミツとクローバー 1 [Kindle]

著者 :
  • 白泉社
4.60
  • (10)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・美大の寮。どうしようもない。
    ・クリスマス会。

    何回呼んでも、最終巻までよんだことがないハチクロ。
    再び、読み直してみるとどいつもこいつも先のない恋愛ばかり。
    主人公ペアくらいしか未来がありそうな人がいない。
    お先真っ暗。

    特に山田さんがかわいそう。

  • 最初に読んだときは面白さがわからなかった。二度三度読むと少しずつ深みにハマって、どんどん好きになって、大好きな大切にしていきたいお話になった。
    私にとって、羽海野チカとの出会いであり、何度でも出会い直したいハチクロメンバーとの出会い。

  • Kindle2019年1月9日まで期間限定無料だったので。
    ムード皆無なクリスマスパーティー終了。才能があるというのも大変なことのようだ。
    群像劇ということで,色々な人が描かれていて面白い。

  • 青春とは塔を建てて破壊することなのです

  • とにかく絵が魅力的で、世界観に引き込まれる。
    登場人物それぞれが悩みを抱えていて、その重さに読んでいて苦しくなったりもした。良い意味で思春期の葛藤をリアルに描いている。
    ただ時間の経過が分かりづらいのは残念だった。

全6件中 1 - 6件を表示

ハチミツとクローバー 1のその他の作品

羽海野チカの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする