赤目姫の潮解 LADY SCARLET EYES AND HER DELIQUESCENCE 百年シリーズ (講談社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (204ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ふわふわとさまざまな思考が漂う不思議なお話。
    森さんの作品中でもこれはやばい、わけわからんとの前評判に心して読んだけど……。
    恩田さんのふわふわ感に慣れてるからか全然大丈夫(笑)むしろ好き。
    Wシリーズにつながる描写がたくさん出てきて、おお?となる。誰が誰とか考えるのも楽しそう。

    解説が冬木さんでびびった(この方のブログをいつも楽しく読んでいるので)

  • 森博嗣節が炸裂しています…
    百年3部作の最終話という触れ込みでしたが、前の2作とはガラッと変わります。前作の続き物とは思わない方が良いかもしれない。

    赤目姫の雰囲気が高貴でまさにヒロイン。赤目姫の言葉を追っていくだけでも楽しいです。

    眼の色は何かの伏線もしくは象徴かな?何度か読み込んで考察すれば新しい発見もあるかも(まだ一度しか読んでない)

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

赤目姫の潮解 LADY SCARLET EYES AND HER DELIQUESCENCE 百年シリーズ (講談社文庫)のその他の作品

森博嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする