ダンジョン飯 3巻 (HARTA COMIX) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA
4.21
  • (39)
  • (49)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 388
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (195ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "「にしてもこの迷宮
    侵入者が倒す魔物の数も計算済みか
    魔物を倒しても生態系を正常に保つだけ……?
    といって放っておけば町に魔物があふれ出す
    困った町は魔物討伐の依頼を冒険者に……うーんよくできてる」
    「なんの話だよ」
    「もちろん迷宮作りの話だよ
    私も昔学校で勉強したことがあってさ これが難しいんだ」
    「……ええ?」"[p.60_62/195ページ]

    人魚の歌に合唱するところで笑うし、チルチャックの表情で笑う。
    マルシルの杖は力の調整や狙いを定めるためなのかな。
    「普通ではない 普通ではないぞライオス」のあたりや「俺が信じているのはセンシとナマリだから」のあたりがうまく言えないけどすごく好き。
    ダンジョンだから死んでも生き返る、とそこそこすんなり受け入れてたけど、ダンジョン(となってる黄金城)では人の魂を肉体に束縛する術がかけられている/死ぬことが禁じられている……という設定が良い。
    ナマリの反応を見て、やっぱり魔物食べてるの正常じゃないよなぁとしみじみ。
    カエルスーツを着たみんなの格好と表情でめちゃくちゃ笑う。脱げない件でさらに笑う。正直読み始めた時はこんなに笑う漫画とは思わなかった。

  • 蜀崎ェュ縲ゆス灘鴨縺ェ縺上↑縺」縺溘→縺薙m縺ァ繝ャ繝舌?縺ー縺九j鬟溘o縺輔l縺ヲ繧九≧縺。縺ォ縺?繧薙□繧灘屓蠕ゥ縺励※縺阪※縲御サ悶?縺ィ縺薙m繧る」溘o縺帙m??シ√?阪▲縺ヲ縺ェ繧九?繝ォ繧キ繝ォ縲ゅ?繝ォ繧キ繝ォ縺」縺ヲ縺薙≧縺?≧繧ュ繝」繝ゥ縺?縺」縺溘?縺九?

  • 今回もモンスター食いまくり。グルメ漫画に入れて良いのか。。。
    カエルスーツが可愛いw

  • なんと クラーケンに潜んでいた
    寄生虫の蒲焼
    おおぉ・・
    これは 今までで一番
    無理
    だと思いました・・・
    長物は基本苦手です

  • 植物型やクラーケンも立派な食材になりました。
    最終目的のドラゴンも、まさか姿焼き?!

  • ダンジョンで倒した魔物肉を美味しく調理して戴きます.
    今回はクラーケンとか人魚(魚系)の頭に生えてる海藻とか
    海?のモノが盛り沢山みたいですよ.
    後は昔の仲間と再開したり
    コイン虫にやられてた冒険者と再開したり.
    相変わらず面白いな.
    そして例の剣の名前は「ケン助」で確定なのか.

    カエルスーツが素敵ですね.
    テンタクルスの密林でそこはかとなく漂う腐海感.
    世界の宮崎駿はやはり偉大だったか….
    いや,俺が一方的にそういう感想を持っただけなんだけど.

    レッドドラゴンの巣は近い.
    みたい.

  • 今まで料理(ギャグ)中心に読んできたけど、ここに来て人間関係が面白くなってきて更に濃い作品になった気がする。
    にしてもカテゴリをファンタジーにしていいのか毎回悩む。ギャグなの?はたまた料理?

  • 昔の仲間とか出てきて、レッドドラゴンも近くなってきて、終わっちゃいそうで寂しいけど、パーティーメンバーは益々可愛く愛しいです。

  • ファンタジーまんが飯第3巻。カエルスーツが最高でした!
    全体に笑えるんだけど、マルシルとファリンの過去の回などはしんみりする余韻もあって、それもまた良かった。
    面白かったので、1巻から読み返してしまった。

  • マルシルとファリンの過去の出会いや昔の仲間が出てきたりして、クライマックス間近なことを感じる3巻。
    相変わらずご飯美味しそうだな〜雑炊が気になるけど、海藻の卵は魚人の卵なのかただの魚の卵なのかどっちだ!?
    確かにモンスターを食べるに当たって、どこまでが許容範囲なのかは大事な問題だな〜。
    この世界の強さはどれだけ解決策を知っているかと、臨機応変な発想力なんだ。

全23件中 1 - 10件を表示

ダンジョン飯 3巻 (HARTA COMIX)のその他の作品

九井諒子の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする