ダンジョン飯 3巻 (HARTA COMIX) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA
4.21
  • (39)
  • (49)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 388
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (195ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 階層が深くなるごとに強くなる敵。
    そんなときでもダンジョン飯は忘れない。
    それにしてもライオスのパーティって強いのね。

  • 3巻目
    この世界のケルピーは後ろ足があって尾が魚なんだっけ
    クラーケンは美味しくない…
    寄生虫の蒲焼きとか…

    カエルの服は脱いで欲しいけどなあ
    なんかレッドドラゴンにたいして切り札になったりするんだろうか

    そういえば体を拭く描写があった

  • #015 雑炊
    #016 蒲焼き
    #017 木苺
    #018 焼き肉
    #019 テンタクルス
    #020 シチュー
    #021 大ガエル
    モンスターよもやま話3

  • 一緒に冒険してるみたいでとても面白い。どんな味、感覚かなぁと想像する楽しさ。居心地の良いファンタジー。

  •  哺乳類の人魚と魚類の人魚。魚類は亜人ではないので食べていいのか?いやダメだというのは気分の問題。髪に似せるための海藻は食べて良いらしい。クラーケンの弱点はイカと同じ? 巨大モンスターの場合寄生虫も大きく,さらに寄生虫の中にも寄生虫がいるから用心。マルシルとファリンの出会い。ウンディーネの魔力。昔の仲間ナマリとの再会。チャルチャックは友情のために残ったのではなかったらしい。テンタクルス(触手生物)と大カエルの皮。そろそろファリンを助ける日が近づいてきたようだ。

  • 相変わらず絵が綺麗で面白い。好き。

  • -

  • 相変わらずマルシルが可愛いな。

  • 九井諒子のマンガの上手さが際立って見られる第三巻。

  • ダンジョンで魔物を料理しながら進んで行くシュールなグルメ漫画(笑)。

    3巻では、エルフのマルシルの過去話が出てきたり、以前のパーティー仲間との再会があったりと、シュールグルメだけじゃない話の展開が楽しめて面白かった。

    そろそろゴールが見えてきた感じですね。次で完結なのかな?いやそれにしても、こいつらが目的を忘れてなくてよかった(笑)。


    Kindleで購入。予約しておくと発売日の朝には配信されて読めるようになってるってのは便利!

全23件中 11 - 20件を表示

ダンジョン飯 3巻 (HARTA COMIX)のその他の作品

九井諒子の作品

ツイートする