Number9/9特別増刊号 五輪総力特集「熱狂のリオ」Rio2016 Glorious Moment (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィックナンバー))

著者 :
  • 文藝春秋
4.25
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910268560962

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いい写真でいい表紙だ。前を見据えてるケンブリッジと後押しする叫びの桐生。笑顔なところが、仕事やりきった感と、この先にある結果の予感を感じさせます。
    結果知っているからこその感想ですけどね。
    隣がボルトというのもいい。

  • リオオリンピック総括号でメダリストたちのインタビューや記事満載。





    普段あまり見ない競技も、オリンピックではかなり観て興奮したので


    このNumberでもやっぱり読んじゃいますね。





    柔道とかシンクロとか、卓球とか、あらためてよかったなぁ~と思います。





    その中でもプロでたくさんの収入を得ていながら


    オリンピックに参加した錦織選手の記事はよかったですね。


    北京で初戦敗退、ロンドンでベスト8、そしてこのリオで3位、銅メダルと


    彼の成長がそのまま表れているのがオリンピックでの実績。


    今回はそんな彼のオリンピックでの戦いや思いが記事にしっかり記されている


    とっても読み応えがありました。





    こういった新たな競技、新たな選手の魅力を知ることができるのもオリンピックの醍醐味ですね。





    本当に今年はおもしろい夏でした。





    次はまた4年後か・・・・。

  • 4年に一度、オリンピックの後のお楽しみとなっている、Numberのオリンピックレビュー号。実家探せばバルセロナの号があるはず。
    いろんなガッツポーズと涙が綴られています。
    表紙は400メートルリレーの桐生とケンブリッジのバトンパス後。何を叫んでいるか分からない桐生がいいです。
    そんなリオの思い出。

全3件中 1 - 3件を表示

Number編集部の作品

Number9/9特別増刊号 五輪総力特集「熱狂のリオ」Rio2016 Glorious Moment (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィックナンバー))はこんな雑誌です

ツイートする