インベスターZ(14) [Kindle]

著者 :
  • コルク
3.95
  • (13)
  • (31)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 386
感想 : 13
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (211ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 不動産勝負!
    「5千万円で、明日の午後4時までに儂がよりほしいと思う物件を買ってきた方が勝ちだ」

  • 今回の二番勝負のテーマは、不動産対決。5000万円で、東京の物件を買う。
    東京で、5000万円とは、中古物件しかないなぁ。
    まずは、なぜ不動産がどんな過程で現在があるのか。昔は借家が主だった。
    戦後に、経済の復興の過程で、所得倍増があり、収入が増えることで家を買う
    ことが富裕層から始まった。そして、住宅ローン、さらに「一国のあるじ」ということで
    マイホーム主義が始まった。
    そして、不動産は借金で買うが、利子もついて大変なのだがなぜ買うのか?
    こうやって、不動産の歴史を簡単に説明する能力が優れているのだね。

  • (おそらく)セール購入にて。
    面白い。特に不動産がテーマの箇所かな。賃貸との比較については同じような内容を何かの本です読んだような…。簡単に価格交渉(値下げ)できるんですね、知らなかった。しかし、(漫画的に仕方ないけど)子供によく話す営業マンだなー。
    関係ないけど、不動産投資でたまにある逆ギレ勧誘電話はホント迷惑で、業界にとってマイナスでしかないと思う。イメージがとても悪い。でも、巻末の解説のようなREITはとても可能性を感じますね。特にヘルスケア領域で。
    次巻も楽しみです。

  • 14巻
    不動産は売り出し価格のまま買うな
    5パーセントくらいなら下がる。
    営業マンと家主の関係性

  • コミック

  • テーマは不動産。
    不動産に関する資産運用話は身近に多い。
    不動産の捉え方についてマンガ本編からは投資話で面白いが知識の刺激がなかった。
    巻末にあるコラムに都市設計におけるREITが興味深く頭の整理に繋がった。
    良いマンガだ。

  • 不動産について書かれた巻。
    家賃の仕組みとか不動産屋の役割などわかって勉強になった。

  • -

  • はじめのころの引き込まれる面白さは少し沈下。
    対決があまり進まないせい?
    今回不動産ということで新たな知識を仕入れるという意味でまた食いつける内容となっていました。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年生まれ、岩手県北上市出身。明治大学政治経済学部卒業。
代表作に『ドラゴン桜』『インベスターZ』『エンゼルバンク』『クロカン』『砂の栄冠』など。
『ドラゴン桜』で2005年第29回講談社漫画賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。
現在、「モーニング」にて『ドラゴン桜2』を連載中。

「2023年 『アルキメデスの大戦(32)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三田紀房の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×