ブリーダー [DVD]

監督 : ニコラス・ウィンディング・レフン 
出演 : マッツ・ミケルセン  キム・ボドゥニア  リッケ・ルイーズ・アンデルソン  ズラッコ・ブリッチ 
  • ギャガ (2017年1月6日発売)
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4589921403856

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 原題:Bleeder (1999年) ※日本公開 2016年
    収録時間:98分

    この映画、日本公開は2016年ですが製作年は1999年なんですよねぇ。
    主人公がビデオ屋(これも時代を感じる)で働いている映画オタクなので、映画の話も結構出てくるんですが、主人公がデートに誘った彼女と観に行く映画が「アルマゲドン」ですよ!
    時代を感じる…(笑)
    内容は不思議な映画でちょっと私には難解な部分も…。
    あと、途中の緊張感も凄かった。
    下手なアクション映画よりもスリルとサスペンスが…(笑)
    何をしでかすか分からない恐怖ってやつですな。
    頭に血がのぼると口撃する人より、カッとなると手が出たり何をするか分からない人って関わりたくない(苦笑)
    妊娠したカップルは正直どっちもどっちかなぁって感じもした。

    “ニコラス・ウィンディング・レフン監督によるバイオレンスドラマ。友人とビデオショップで働く映画オタクのレニーは、カフェ店員のレアをデートに誘うことに成功する。一方、レニーたちとB級映画を観ることが習慣のレオは、恋人に妊娠を告げられ…。”

  • この時代、こういう映画流行ったよねー、って、しみじみ思ったり。

  • レフン監督作品も結構観てきたなぁ〜どの作品も鮮烈で刺激的(^.^)マッツミケルソン大好きです。
    本作だとやたら若いんだけど作品としては古いのかな…何処が舞台なんだろうな、ロシアっぽい感じもするけどやっぱスエーデンだね。

    マッツが、目当ての彼女と話してるとこなんて若々しくていいな。
    スパゲティにケチャップかけるだけなんて欧州圏の貧乏ヤングはこんな何だね(笑)面白い発見だった。
    スゲェ本屋さんだ。ビブリオマニアだな、
    こんな本屋で1日過ごしてみたいな(^^)
    まぁでも、どっちかというと彼みたいに
    趣味でビデオ屋さんで働く方がやって見たいかも…
    世界地図もスエーデンが中心で描いてある!
    当たり前なんだけど面白い!

    子供が、自分の子供が生まれてくるってことを上手く受け入れられない。
    ナーバスになってしまって…
    自分は何もない男で、稼ぎも少なく、
    親になる資格なんて…思い詰めていく。
    次第に張り詰めて馬鹿をやってしまうんだろうな…

    HIVポジティブの血液を打ち込むなんて…斬新だ。
    ゆっくりと時間をかけて追い詰める。残酷だな…

    何と生々しい復讐なんだ…

    そしてぎこちなく、新しい未来が始まる。

    難解だな、この作品は…

  • 地味な主人公のひとりである映画マニアのビデオ販売店員は映画ばかり見ていたからこそ死なずに済んだ。そんなストーリーとして見た。なぜならエンドロールの前に、「母に捧ぐ」とあったから、本作は監督の母に対するこれまでの人生の言い訳のように思えた。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする