ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版] [Kindle]

制作 : 小原 司  米谷 テツヤ(日本語版解説) 
  • マイナビ出版
3.66
  • (12)
  • (14)
  • (16)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 529
感想 : 20
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (262ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • デザイン、特に文字組について基礎の基礎部分。なぜそう見えるのかについて書いてくれた貴重なメソッド集でした。
    他のデザイン本ではデザイン例はあっても、なぜ良く見えるのかまで分析されたものはないので、とても参考になりました。

  • 色んな人がお勧めしていて、長いこと愛されてきた。

    ■良い点
    基本的な4原則が理解できる
    自分で考えてから答え合わせするのがよい

    ■悪い点
    翻訳が変
    文が冗長
    英字の件が長い

    ■結論
    ノンデザイナーズ・デザインブックの本当の対象は、本当の初心者。4原則を理解していない人と、なんとなく理解しているけど言語化できていなかった人には有効。

    他の本などをすでに読んでいる人にとっては、大した効果は期待できない。

    この本が駄目というつもりまではないが、日本語の本でいい本はもっといっぱいあると思います。

  • 官僚のデザイン能力は他の企業に対して非常に遅れをとっており、それが官僚の内向きさおよび情報伝達性の悪さの一因になっている。この本はデザイナーでない人のための、「いいデザイン」の設計基礎を形作る要素を解説しており、読む価値がある。

  • 【XD推薦図書】
    デザイナーでない人にも、優れたデザインとはある原則に従って設計されているという事が理解できるようになる本。身近なデザイン(広告など)の見方が変わるかも。

  • デザインにかかわるのなら必須の一冊。
    どんなレイアウトが見栄えがよいのか原則として説明され、それが適用前後の実例対比とともに説明されている。そのためすぐに理解できるし実践できる。
    チラシやポスターなどものによってどう手を加えればいいかも書いてあるのでweb広告やホームページなどにも流用できそう。
    著者が外国人なので、本来の内容はラテン文字使用者の感性に基づいていて、フォントなどもそれらがメインに使用されているが、日本語版作成にあたって日本語の文字を使った場合どうすればいいかがappendixとしてあるので、幅広く対応できると思う。おすすめの一冊。

  • 本書はそのタイトルの通り、デザイナーを主とした仕事ではないもののマーケティングやプロモーション、仕事でのスライド作りにおいてデザインを考える仕事が多い人向けに、その中で押さえておくべきベーシックなポイントをイラスト付きで解説してくれている。

    海外の本なのでサンプルは基本英語ではあるものの、一般原則については日本語でも共通して利用できるものばかり。第4版は日本語のサンプル例も補足で掲載されているので、買うとしたら第4版をお勧めする。

  • 本を眺めているだけでもデザインの基礎が学べます!
    今までデザインの"デ"の字も知らなかった人でも楽しく学習できる点がいいですね。

    ■4つの基本原則
    ・コントラスト
    ・反復
    ・整列
    ・近接

    本書は週1回10分の繰り返し眺め読書がオススメです!
    「読む」のではなく「観る」を意識すると頭の中にインプットされます!

  • 参考になった。大胆なコントラスト、執拗な整列とグループ化、テーマを覚えさせる反復、大文字だけの文章はNG、中央揃えをやめろ、空白を恐れるな、などなど。

  • ■■評価■■
    ★★★☆☆

    ■■概要■■
    ○英語の文章が中心の、デザインに関する本。
    ○某youtuberがおすすめしていて興味があったので手に取ってみた。
    ○ドはまりする内容ではなかったけれど、位置の使い方について詳しく書いてあった。
    ○個人的には、資料をカラフルにしてしまう癖があるので、同系色で色の濃淡で違いを作り、強調色となるものをコントラストで、全体の5%程度にすることで、見栄えのする資料にしていきたい。
    ○how to の部分は非公開で。

  • ちょっと欧米すぎてなんか違うな

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

主な著書に以下のものがある。
『Non-Designer's Presentation Book』(日本語版『シンプルでよく効く資料作成の原則 -コンテンツとデザインからプレゼンを変える-』、マイナビ出版刊)
『Non-Designer's Web Book』『Non-Designer's Illustrator Book』『Non-Designer's InDesign Book』『Non-Designer's Photoshop Book』『The Little Mac Book』


「2016年 『ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

Robin Williamsの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×