3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 白泉社
4.15
  • (16)
  • (15)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 233
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (180ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (なんか話がつながってないな?、と思ったらうっかり第8~11巻を読み飛ばしちゃったんだ(>_<))

     インタルード的ギャグ回から始まって、薩摩編・藤本棋聖VS工藤九段戦へ(これも半分ギャグ回だな)( ´ ▽ ` )ノ
     はるか遠征先まで持ち運ばれた修羅場(藤本妻子VSキャバ嬢)に真夏の日差しも凍りつく(>_<)
     また、いわゆる水着回だけど、例によって例のごとく女性作家さんのそれはちっとも色気がないな( ´ ▽ ` )ノ
     
     そして舞台は東京の将棋会館に戻って、桐山VS死神・滑川戦編――なんだけど、これまた半分(以上)ギャグ回( ´ ▽ ` )ノ
     ここらへんの展開はずっとこうなのかな?( ´ ▽ ` )ノ

     最後はほのぼの夏祭り編( ´ ▽ ` )ノ
     いかにも「三ライ(と略すんだろうか?)」っぽくて心が温まった( ´ ▽ ` )ノ
    (以下続刊。まずは読み忘れちゃった第8~11巻に戻らないと……)
    2020/11/11
    #1430

  • -

  • なんというかこの第12巻を読んでた間全然笑いが止まらなかった。まるで顔芸見放題みたいにたくさんいい顔見えちゃった。
    土橋さんが同じく穴熊を構えた時藤本さんのショック受けた顔と滑川さんが真っ黒のタクシーの前に立って「乗って下さい」と『誘われた』スミスたちの涙目とこの2つは大好きだ。爆笑が止まらなくて腹痛かったんだけど。
    ついでに最後のそれは...恋の嵐の予感しか持たない。言っとくけど、私は島田派だ。どう見てもやっぱり島田さんの勝ちだろ?すごく優しいし年収高いしそれに胃痛にはあかり姉さんの面倒見が必要なんだから、きっと完璧なカップルになると私が確信。

  • 待望のライオン12巻。11巻は重苦しい妻子捨夫とあかりさん・ひなちゃん家の家族の話。そこからどう転がるのかと思いきや。こうきたかー。「私よりあなたを幸せにしてくれる女ならば、身を引く覚悟もありますが、あなたを一時しか幸せにしてくれない人の為に…。別れるつもりなど毛頭ありません!!」雷堂妻のように啖呵が切れたらかっこよいが。それも雷堂さんだからこそ切れる啖呵かもね。「人間には心があるから厄介だ。「負けた記憶」には人を縛る力がある。一度型にはめられてしまったら、抜け出すのは容易ではない」滑川ショックはレイ君までつながるのか。と、思ったら。さすがにね。スミスのショックは倍マシかも。

  • 今号は全てほっこりエピソードでとても胸が温かくなりました。エリザベスの1日が特に良かったです。動物にも愛が溢れてて素敵です

  • 優しい、ほのぼのとする巻でした。
    「3月のライオン」に含まれるピリッとした厳しさが好きな私には少し物足りなさも感じたけど、こんな安らぎも必要ですね。

  • 覚悟をもって愛する人に
    愛される天才たち
    人間って、これだから好きだなーと心から思う

    そしてそして
    ついに島田さんがあかりさんと出会ったー!
    このシーンを何巻も前から待ってました
    同い年の林田先生との展開も気になるけれど
    やっぱり私は全力で島田さん派☆
    あかりさんが島田さんをふくふくにしてくれることを希望します!!!

全9件中 1 - 9件を表示

羽海野チカの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×