カー・オブ・ザ・デッド (Kindle Single) [Kindle]

著者 : 乙一
  • 2016年9月22日発売
3.26
  • (4)
  • (4)
  • (19)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :70
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (41ページ)

カー・オブ・ザ・デッド (Kindle Single)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 他の乙一作品と比べてしまうと、物足りなさを感じてしまう。

  • 形式はどうであれ乙一の作品が読めるのはうれしいこと。よくあるゾンビものだが読ませますね。

  • 201711
    初めて乙一を読んだ。
    こんな感じなのね。
    内容はかなり、王道のゾンデもの。
    嫌いじゃないけど、まー普通。

  • KindleSingles。
    プライム会員になったので無料である。
    かなり久々に乙一作品を読んだかな。
    面白かったがまあとにかく普通。
    非常に普通である。
    普通にゾンビものである。
    かなり面白かったけどね。
    終わり方も短編らしい感じで中々好きである。

  • 乙一作品はあまり読んでいないけど、この人もゾンビもの書いちゃうんだ…って意外だったので読んでみた。
    ストーリーはよくあるゾンビがゾンビを呼ぶバイオハザード。ゾンビ化の原因であろう設定が結構リアルでしっくりきた。 襲われているシーンがグロくて、寝る前に読む本じゃなかったなーと少し後悔。
    主人公はアイドルのライブに行けたのか、それだけが気になるところ。

  • 乙一のゾンビもの。短編程度の短さなのでスッと読める。
    なぜゾンビになるのかなどの説明や根拠はやや淡白だが、ゾンビの迫ってくる怖さやグロテスクなディティールはきちんと伝わってくる。王道として"ゾンビに噛まれたものはゾンビになる"という設定は守っており、オーソドックスなゾンビものだった。
    最後に未来への希望的な存在を描いているが、絶望しか感じさせないのはさすが乙一作品というところか。

  • ゾンビもの。
    情けなくてちょっとずれてる主人公とか、終盤はやけに頭が働いて解決とか、いつもの乙一なんだけど、これといったどんでん返しもなくなんというか無味無臭。
    車のキーから着想を得て書いただけ、みたいな。

  • 簡潔で、一行目からスッと読み込める心地よさがあった。
    でもゾンビの話なのでグロい表現もかなり満載。
    生前の動作を繰り返しているだけだ と的確に書いてあるところで笑った。
    ひとつの大きなストーリーの一部を切り取ったような短編で、ぜひこの前後の話を読んでみたい、と思うような設定や人間ドラマがある本だった。

  • 短いのですぐに読めます。
    非現実的な内容は、アニメや映画のようでドキドキしながら、またグロい描写は容易に想像させられる文章でとても楽しめました。
    ありそうで無い、無さそうであるような内容の小説が一般的ですが、たまにはこんな内容の本も良いかな~^^

  • ミステリというか、ホラーというか、乙一。非常に短いのですぐ読めます。
    グロはからっきしダメなはずなのに、乙作品では大丈夫という昔からの法則が今回も適応され。気持ち悪くはなるんだが、続きを読みたくて気持ち悪さを堪えながら読みました。そんな阿呆なとツッコミ満載な状況にのめり込んじゃうなー。
    相変わらず、気持ち悪くて気分の悪くなる小説でした(褒め言葉)。

全12件中 1 - 10件を表示

乙一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

カー・オブ・ザ・デッド (Kindle Single)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする