誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち (早川書房) [Kindle]

  • 早川書房
4.22
  • (9)
  • (10)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 75
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (302ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • mp3の歴史の本。mp3の開発から始まり、メインはインターネットでの海賊版音楽の興亡の解説となる。当初、技術力で勝っていたが政治で規格競争に破れたmp3は、違法コピーのデファクトスタンダードとなったことで、主流へと上り詰めた。

    この本の良いところは、やはり違法コピー集団の内側をがっつり書いているところだろう。みんなが好き勝手にコピーを上げているのではなく、きちんと組織だって活動をしているし、規律もある。それだけならば普通の組織と変わらないが、違法コピー集団の特徴は、互いのことを知らない点にある。相手の名前どころか、人種や住んでいるところも分からず、会ったことは一度もない。にも関わらず、一定の秩序が保たれ、組織的に活動がされているのだ。

    違法アップロードの話といえば、日本では「ひまわり動画」の小豆梓周りのネタがあるが、本書を読むとひまわりもあながちネタとは言い切れなくなる。もしかしたらコピペで出回る以上に、実際は組織的に効率よく違法アップロードがされているのかもしれない。

  • 音楽の在り方が大きく揺らいだ2000年代、考えてみると、私自身が一番音楽、主に洋楽ロックを聴いていた時期に重なると思う。ただ、自分自身はアナログな方で、本書で描かれているようなmp3の勃興にはあまり関心がなかったが、それでも当時の雰囲気を再体験するようなところはあった。本書は3つの軸、mp3を開発したドイツの技術者たち、ヒップホップ勃興の時流をつかんで主役の座に躍り出たユニバーサルレコーズのモリスCEO、そして、ユニバーサルのCDをリークしたアンダーグラウンドのシーン、とりわけCD工場の労働者であったグローバーを辿ることで当時の音楽の在り方の揺らぎ(というか崩壊だろうか)を描き出す。mp3開発の物語も面白い(mp3がまさか連戦連敗の歴史から始まっていたとは知らなかった)が、やはりmp3ファイルの交換とビットトレントを通じて形成されたアンダーグラウンドのシーンがとりわけ興味深い。リリース前のCDのリークを競い合うシーンの存在、海賊版を中心としたアンダーグラウンドの思想。トレント・レズナーもファンを公言したというオインク・ピンクパレスがサブカルチャーとして成り立っていたことなども興味深い。2020年になって、音楽の在り方はさらに変わっているが、いまもどこかで私にはわからない動きが現れているのだろうか。

  • CDという物理的概念をぶっ壊したmp3も、結局ストリーミングにより使われなくなるのね。

    インタビュー調は正直つまらなかった

  • 思ったより読み終わるのに時間がかかった

    前半のワクワクに比べて、段々と本自体はダレていく

    mp3開発のとこはドキドキするし、ワーナーやユニバーサルによる音楽産業の歴史的大成功と、それと並行してiPodやらの追い風によって成功、勝利していくmp3もスリリング

    それが最終的に司法と音楽産業と、個人のファイル共有者との著作権バトルになると、割とつまらなくなってく

    まぁ、近年になってくほど、つまんなくなってくのは、古い物ほど、歴史になって物語になる世の常なのか、何事も立ち上がりが楽しいのか

    とにかく、音楽産業をぶっつぶしたのは、経済概念の外にある、何人かのただの青春がネットテクノロジーと組み合わさっただけ、という感じで、それが著作権にも、品質至上主義にも、巨大資本にもそぐわないのに、ただぶっ壊したというのが良い
    強烈な産みの苦しみなわけで、問題は、その後、何か産まれたのか?ということ
    ほとんどアーティストに還元されないグーグルプレイやアップルミュージックは、合法的に音楽産業が同じことやってるだけにも見える

    mp3の開発に、スタックスのヘッドフォンが使われたというのとか、拡張子をつけてった結果、mp3がmp2より進んだ技術に見えた、とか、良いエピソードだし、人には一歩先を行ったと思わせておいて、いつも三歩先を考えてたとかいうカッコよすぎのモリスもいい

  • 2000年台に音楽に熱中しCDを買い漁りMP3を知りP2Pやトレントにハマった事もある正に直撃世代の自分にとっては、とても興味深かった。特にCDが一般化するかなり前からストリーミングサービスが構想されていたという事実には驚いた。
    当時感じていた疑問や違和感が10年あまりを経て解消したようで嬉しい反面、MP3とCDとの音質の違いを人間は聞き分けることが出来ないだとか、人間の可聴域外の音は無駄であるというような論には今だに同意出来ない(やっぱり聴けば分かるんだよなあ……)。

    近年日本では漫画村による出版物の著作権侵害が注目される事になったが、この音楽業界によるとてもわかり易いケーススタディを出版業界はなぜ活かすことが出来なかったのか甚だ疑問である。電子書籍によるビジネスモデルや読み放題サービスの構築に取り掛かるのがあまりにも遅すぎるように感じる。

    この本の出版から数年経ちストリーミングサービスが充実していく一方でレコードやカセットテープのリバイバルブームが起こる等、音楽市場はさらなる移り変わりを見せているので、著者には今作で語り残した部分も含めて続編を期待したい。

  • アラフィフの私は当時CDの終焉をひたすら傍観していた。単純に変化についていけなかったのだ。
    まさか見えないところでこんなドラマが繰り広げられていたとは。
    ドキュメンタリーに徹した簡潔な文章はまるでト書きで、頭の中で勝手に映像化して胸が高鳴った。

    本書でも言及しているが、他ジャンルでもインターネットの浸蝕スピードは脅威となっている。知的財産権の独り占めを許さない風潮がじわじわと広がっているのだ。(マネタイズに失敗というか興味がなくて全く利益を受けてない人物というのも興味深かった。)「作家(著作権保護、得られるべき収益)」対「消費者(コンテンツに対価を払いたくない)」の図式に新たな解決策は見出されるのだろうか。
    最近、作家に於いては個人での対策ばかりが話題になり、レーベルや出版社の役割が薄れつつある時代になったんだなあと少し重い気持になった。

    創作者が夢を持てて、消費者への負担は軽く不平等さのない世界への模索はまだまだ続くのだろう。

  • 読後感が「音楽業界の『暗闇のスキャナー』」。

  • 今年読んだノンフィクションのベストかも。

全8件中 1 - 8件を表示

スティーヴン・ウィットの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劉 慈欣
ジャレド・ダイア...
ダニエル カーネ...
ジェイムズ・P・...
ヴィクトール・E...
フィリップ・K・...
有効な右矢印 無効な右矢印

誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち (早川書房)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×