PD-1抗体でがんは治る-新薬ニボルマブの誕生 [Kindle]

著者 :
  • 岩波書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (58ページ)

作品紹介・あらすじ

注目を集める画期的ながん免疫治療薬ニボルマブはどのようにして生まれたのか.衝撃的といわれる効果は,従来の治療法とは全く異なる原理によって導かれている.著者は,治療薬のもとになったPD-1分子を発見し,開発までを指導してきた.生みの親本人が,新たながん免疫治療の原理と新薬誕生までの曲折を語る.

著者プロフィール

本庶佑(ほんじょ たすく)
1942年、京都市生まれの医師、医学者。専攻は分子免疫学で、日本を代表する分子生物学者。2018年、ノーベル医学生理学賞を「免疫制御の分子の発見とがん治療への応用」によってジェームズ・P・アリソンと連名で受賞。
京都大学名誉教授・高等研究院特別教授、公益財団法人先端医療振興財団理事長、ふじのくに地域医療支援センター理事長、静岡県公立大学法人顧問、日本学士院会員、文化功労者。
免疫細胞の働きを抑えるブレーキの役割をもつ分子、「PD-1」を発見しその仕組みを解明。PD-1にブレーキをきかせ、免疫細胞にがんを攻撃させる治療薬を共同研究で生む。ロベルト・コホ賞、日本学士院賞、恩賜賞など国内外で数多くの賞を受賞。2013年文化勲章を受章。

本庶佑の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

PD-1抗体でがんは治る-新薬ニボルマブの誕生を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする