僕のヒーローアカデミア 11 (ジャンプコミックスDIGITAL) [Kindle]

著者 :
  • 集英社
4.29
  • (11)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (213ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この一連のクライマックス感。盛り上がり最高潮。
    個性合わせ技の救出劇も見事なら
    ※これまでのデクへの信頼がきてる。
    かっちゃんが切島くんなら手をとるのも今までの積み重ねだし
    一方積み重ねを裏切られたと感じてもおかしくないクラスメイトは、飲み込んだりぶつけたりする。
    …ここで梅雨ちゃんが申し出るの、良いな。

    雄英も裏切られた信頼を積み直すために親に頭を下げる。
    オールマイトが応援されたのも積み重ねなら
    力を失うのも今までの積み重ねで、社会への影響も計り知れない。
    転換を迫られる巻。
    そこに寮生活イベントぶつける先生好きだなー。

  • -

  • オールマイトついに力のすべてを失う。
    デク君に力をすべてゆずってからも、残りカスのような力でヒーローを続けていたオールマイトもついにすべての力を使い切ってしまった。
    完全に世代交代。
    象徴を失ったこの世界。
    新たな象徴が必要。
    という巻である。
    いやあなかなか重い巻であった。
    そしてこれからは完全に若者たちが主役になる。
    今までは庇護されていただけの生徒たちだが、これからは色々背負っていかないとならない。
    いやあ重い。
    重いなあ。

  • この辺りは本誌を追ってたので表紙の時点で泣きそうになる
    オールマイトの真のかっこよさはこの巻を見ないと本当の意味で分からないと思う
    今後の展開も気になる最高の巻
    お部屋訪問に関してはいい閑話休題

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

堀越 耕平(ほりこし こうへい、1986年11月20日 - )は、日本の漫画家。愛知県出身。名古屋芸術大学卒業。
東邦高等学校卒業 名古屋芸術大学デザイン学部イラストレーションコースに進学する。在学中、読切『ヌケガラ』で第72回(2006年下期)手塚賞佳作を受賞した。卒業前に読切『テンコ』を『赤マルジャンプ』(集英社)2007 SUMMERに掲載してデビューを果たし、さらに『赤マルジャンプ』2008 WINTERに読切『僕のヒーロー』を掲載した。

堀越耕平の作品

ツイートする
×