沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— [Kindle]

著者 :
  • エムディエヌコーポレーション(MdN)
4.17
  • (14)
  • (15)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 224
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (634ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Webでお金儲けをする為の知識が分かる本。
    しかし、私のような会社員でも活用できる文書術や
    Googleの検索ワード分析など、
    ビジネススキル向上につながる情報が多く盛り込まれていた。
    漫画形式で解説されており、文章を読むことが苦手な方も、読みやすい工夫がされている。

  • 沈黙のwebマーケティングの続編
    ウェブライティングの基礎やノウハウがわかりやすく書いてある。
    ユーザーの行動分析や目的を明確にして記事を書くことがSEOで高い評価を得ることができることを学ぶことができた。
    ちょいちょいくだらないところもまた好き。

  • 通常であれば専門用語も多く腹落ちしにくい内容になっていたと思うが、漫画の形式をとり飽きさせせにくく、非常に分かりやすい。一方、Webライティングに必要な知識を網羅的に記載があり、この一冊を読むと読まないとでは今後に差が出てくるのではと思うほどの実用書。

  • 突っ込みどころ満載で面白い!
    Web文章って、なんであんなに簡単な漢字が書けないんだろう?って思っていたけど、氷解した。馬鹿にしているのかって思っていたけど、決してそうではなかったんだと。疑問の裏には理由があるってことを思い出させてくれた。

    なんども読み直した本で、これからも読み直す本

  • 仕事でこれまでやってきた情報配信に一定の効果が出ていたことを知った。正直手抜きをしていた部分があったので見てくれた人達に申し訳なかったという想い、そして新たなニーズを拾い出すため、インターネットで調べた知識、そしてこの分野の知識を取り入れていくことが必要という結論に至り購入した。
    ある物語をベースに本質を語る形式で、表紙にあるような絵と会話で学習していくこのスタイルがまず衝撃的で斬新だった。こういうスタイルで展開していくのも読み手を考えてのことだと思われるし、本文は至って真剣に読者を増やす心得がたくさん書かれていた。その一方で、心の奥のさらに奥をマインドマップで掘り出していくところなど、既存の知識も必要なことも分かり、この分野の知識と融合することでより効果を発揮することを知り大変勉強になった。
    文章力はブクログをはじめ、いろいろな場面で鍛えている中で、新たに得たこの知識を取り入れて、社内でどこの誰も真似できないようなコンテンツを配信し、大きな反響を手に入れていきたいと思う。

  • このシリーズすごく面白くて、ポイントだけなら章の間のまとめを読めば掴めるのに、最初から最後までくまなく読んだ。

    SEOライティングで大事なキーワード選定から共感を生むコンテンツの作り方までカバーされててとても勉強になる一冊。

  • 参考になる事柄が多く書かれており、非常に良かったが、内容によっては、少し前の情報かもと思えるようなものもあり、その辺りのバージョンアップが必要なのかなと思った。

  • 実践して使えるようにしたい。

  • これは超絶ためになった。オウンドメディアを立ち上げる計画だったので早速活かす。もう一冊も早く読みたい。

  • Webライティングについて、物語調で分かりやすく解説をしている。
    600P超の対策だが、ほとんどが会話なので簡単に読み進められる。
    基礎的なポイントは抑えられるのではないかと思う。

全14件中 1 - 10件を表示

松尾茂起の作品

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—を本棚に登録しているひと

ツイートする
×