ちはやふる(33) (BE・LOVEコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.14
  • (7)
  • (10)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 107
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (173ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何巻まで読んだか忘れたけど多分このへんまで

  • 桜沢せんせいが笑った…!
    そしてその後、私はせんせいに泣かされた

  • こんかいは各キャラ全員が大活躍。
    特に肉まんくんは泣かせるわぁ・・・

  • 決勝戦は青春の熱気と勢いが戻ってきて良かった。新は復活ですね。あの小学生のときの温かい思い出の場所に戻るのではなく、新しい力を加えて名人位の頂上に挑む覚悟が決まりました。ちょうど、百人一首を学んでいるので、定家の「藻塩」が出てきて、ニヤリ。奏ちゃんは魅力あるキャラです。この告白シーンは作者の愛情を感じる名場面です。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1992年「太陽のロマンス」で第14回なかよし新人まんが賞佳作を受賞、同作品が「なかよし増刊」(講談社)に掲載されデビュー。07年から「BE・LOVE」(講談社)で「ちはやふる」の連載を開始。09年同作で第2回マンガ大賞2009を受賞するとともに「このマンガがすごい!2010」(宝島社)オンナ編で第1位となる。11年「ちはやふる」で第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。

「2021年 『ちはやふる(46)限定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

末次由紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×