ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 下 (ハヤカワ文庫SF) [Kindle]

  • 早川書房
3.40
  • (2)
  • (10)
  • (11)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 66
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (223ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 全く期待してなかったけど、普通に面白かった。第二次大戦で日本が勝利しアメリカを占領している歴史改変SF。ディック「高い城の男」に設定は似ているが、私にはこちらの方がよりリアルで、主人公たちにのめり込めた。ゲームやオタク文化についてはちんぷんかんぷんだし、過剰に残酷でグロテスクなのは無意味に思える。だけど物語の構成はよく練られていて退屈させないし、何よりこれを書きたいという作者のエネルギーが充ちていて迫力がある。私の周囲には評判悪かったけど、忘れられない物語だと思う。

  • 当然の結末かもしれないし、そんな因果はそもそもおかしいかもしれない。なにしろ彼は『生きろ』と託されたのだ。その通り生きた。なかなか切ない戦争物だった。

    しかし軍部が出張りすぎじゃない?
    暴力が支配しすぎでない? 経済はどこ行った(もっとえげつなくなるけど)

  • メカ同士が戦うというパシフィック・リム的な要素よりも、しっかりとした人間ドラマが描かれているのが気に入った。フィリップ・K・ディックの歴史改変SF「高い城」とよく比べられるけど、どちらもオリジナリティがあって楽しめた。読者をドキドキハラハラさせる生死を賭けたゲーム「USA」での展開は、何か最終的にどんでん返しがあると分かっていても、心臓をドキドキさせながら読み進めた。

    そして、最後のエピローグの衝撃がスゴイ。物語の根底にあったのはこれだったのかと。エピローグで明かされる事実が、プロローグとなって大きな物語が紡がれた。主人公のベンが、こんな大きな十字架を背負いながら生きてきたとは、驚きである。

  • ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 下 (ハヤカワ文庫SF) 上巻よりは死んでいく人は少なくなったが、登場人物がどんどん死んでいくストーリーは少し残念。

  • いつの間にかグイグイ読んでしまう。
    なかなかキツイ、ディストピア小説。

  • 第二次世界大戦で日本が勝利し、アメリカを占領した世界の小説。 やはり昼行灯なキャラが実は、というのは王道。他に言いたいことはだいたい上巻の方に書いた。

  • 主人公たち、なかなか良いコンビだと思ったのだが・・・。

    なかなか過酷な展開であった。

    • ryoukentさん
      こばんわ。たわんさんわもちろんツイターに英語で感想したんですよね?って経緯(イキサツ)わかってるのにあえて聞くこの・・\(^o^)/
      こばんわ。たわんさんわもちろんツイターに英語で感想したんですよね?って経緯(イキサツ)わかってるのにあえて聞くこの・・\(^o^)/
      2016/12/15
    • ryoukentさん
      あはは、全部 ひらがな ですねぇ。アルファベットわ一個もない。ここわひとつ中華皇帝の様に全部の英語を漢字で書き表すことに腐心してみますか。あ...
      あはは、全部 ひらがな ですねぇ。アルファベットわ一個もない。ここわひとつ中華皇帝の様に全部の英語を漢字で書き表すことに腐心してみますか。あ、イミフでした すまぬm(_ _)m
      2016/12/17
  • 「高い城の男」も「パシフィック・リム」も名前しか知らない身からすると、イメージとしてはやはり「ブレードランナー」。まぁ電卓バレーとか相当意識してるよね。
    冒頭の日本軍が収容所を解放するシーン、狂信的日本兵の振る舞いに「アメリカで日本人がこんなことするわけない」みたいな不快感を感じた自分にびっくり。そんな愛国者じゃないつもりだけど。
    映画化とかするなら、メカのシーンがもっとほしくなるのかなぁ。小説として読むならこれで十分やけど。

  • ドS特高の昭子最高!
    リドリー・スコットが巨大ロボットをどう描くか見てみたいです。

    帝国日本が軍国主義のまま統治してもユナイテッドでありえるのか?突っ込み小ネタは満載。

全10件中 1 - 10件を表示

ピーター・トライアスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊藤 計劃
劉 慈欣
ピエール ルメー...
劉 慈欣
チャイナ・ミエヴ...
フィリップ・K・...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×