マネー・ショート 華麗なる大逆転 [DVD]

監督 : アダム・マッケイ 
出演 : クリスチャン・ベール  スティーブ・カレル  ライアン・ゴズリング  ブラッド・ピット  メリッサ・レオ 
  • パラマウント (2017年2月8日発売)
3.46
  • (5)
  • (12)
  • (12)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :71
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102486563

マネー・ショート 華麗なる大逆転 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 題材が面白すぎるな。モーゲージ債の暴落を見越して、空売り類似の仕組みにより一儲けする話なんだけど、メインは自分たちさえ良ければ、その場をしのげればと考える薄汚いウォール街の思考を映し出すことで、これが見事に成功している。

  • ローンを債権にする。それが、モーゲージ債権。
    金融用語がわからず、仕組みもわからないので、
    2回見てみた。それでも、よくわからない。
    レバレッジ、そして、空売り。金が金を生み出す。
    住宅市場は 上がって行くと言う神話に、
    お金のない人も、家を購入する。
    それが、支払い不能となり、ローンが焦げ付く。
    それでも、モーゲージ債権の格付けはさがらない。

    モーゲージ債権を徹底して分析し、
    モーゲージ債権が崩壊すると予測した義眼をもつ
    金融トレーダーで医学博士のマイケルは 
    CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)に目をつける。
    マイケルの戦略に気がついたドイツ銀行のジャレットは
    CDSをヘッジファンドのマークに、プレゼンテーションする。
    このプレゼンは 実にうまい。
    ヘッジファンドのマークは、同僚が自殺したことに衝撃を受けていた。
    そして CDSを購入することに決めた。
    そのCDSの仕組みは、更にバブルのヨソオイをもっていた。
    マークは、アメリカ経済が、破綻することを予感する。
    このマークが アメリカの良心なのかな。人間的であり、
    同時に、リーダーシップを発揮し、言いたいことを言う。
    そして、いう 「ルーレットの方が公平だ」と言う。
    若い投資家ふたりゲリーとシプリーは、CDSを狙えばいいと言うことで、
    引退した伝説のトレーダー ベン(ブラット・ピット)に依頼する。
    それで、若い投資家は勝つと喜んでいると
    ベンは、怒る。
    「家を失う。仕事を失う。老後の資金を失うのだぞ」
    このなかでの、ブラッドピットが実に渋い。
    リーマンブラザースが 倒産した中でも、儲けた人がいた。
    アメリカのもつ ダイナミクスさに 目を見張るばかりだ。
    損失を隠すと言う行為が 犯罪となり 沢山捕まった。
    あぁ。すごいなぁ。お金は 人間を狂わせる。

  • 一癖ある連中の、世紀の逆張りによる空売り。
    売りポジションを取りながら、読みが本当に当たれば、世界経済の崩壊、失業率の上昇が起きることを憂う人間らしさも垣間見せる。
    そうは言っても、結局は大儲けするのが金融プレーヤー笑

  • on the flight to SFO

  • リーマンショックの裏側

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

マネー・ショート 華麗なる大逆転 [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする