僕だけがいない街(9) (角川コミックス・エース) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA
3.76
  • (12)
  • (23)
  • (16)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 216
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (197ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 面白すぎて、一気読みしてしまった!!!
    真犯人が分かってからのもどかしさたるや!
    最初っから気持ち悪かったんじゃーーー!

  • よかったと思う。もう一度、最初から読み返したいな。

  • 悪くはないんだけど、絶対見なきゃダメかって聞かれると…そうでもないかな。
    スピンオフというより補足に近い印象。
    個人的には唐突に結婚した雛月とヒロミのマンガは入ると信じていたので星2つです(笑)

  • サイドストーリー。これは良かった。

  • どうだろう、これは本編の時系列に当てても良いんじゃないか?目覚めた直後とか。ケンヤがこんなにもイケメンなのにやっぱり主人公の悟が一番カッコイイ。主人公が好きな事があまりないので貴重です

  • 発売時に購入していたのですが、最後だと思うとなかなか読めなくて、今やっと読んだ。もうね、涙。本編の裏での、雛月加代、小林賢也、藤沼佐知子、そして片桐愛梨それぞれの行動と思い。思い出しただけで涙が。ケンヤの話とおかんの話が良かったかなぁ。

  • スピンオフブームなのは理解しているが、一度幕を引いたものはそのまま幕を引いて欲しいと思うわけで。は、さておき。アナザーサイトな僕街。サトルの入院に囚われた同級生たち。「前に進むんだ」ケンヤの言葉はその心境を思うと複雑。「反省するのは必要な事だけど、悪かった部分を考えてる。ウチはダメに決まってるべさ。ケンヤ君のいい所を伸ばす事を考えるべきだと思う。自分で良い評価を出来る事だって、あったハズだべさ」佐知子さんは弱い部分もあるけど概ねたくましい人。「友達を助けるのに、損も得もない!」小さきサトルは恥ずかしくなるぐらいにまっすぐだ。「「失敗」はゼロじゃないよ。自分次第で10にも20にもなる!何度でもスタート地点に戻って、失敗を糧にやり直せばいいんだよ」いいこといったと自画自賛しなきゃいいこといったんだけどね。美穂ちゃん。

  • ゲームで言えばファンディスクのような、サブキャラが主人公のオムニバスでした。この作品の持つ爽やかさはサブキャラが担ってたんだなって実感できます。もう一度シリーズを最初から読み直してみようっと。

  • 最初発売されると聞いた時、完結したのに!!と思ったのですが、読んでみて納得。

  • 最終回を迎えた僕だけがいない街のスピンオフ短編集。
    悟が眠りについている間の周りの人々の話。
    チョット期待しすぎた。
    いや、もちろんかなり面白かったし、ムンクのないくらいよい作品ではあるが、期待がデカすぎたため思ったほどとは感じなかった。
    まあ勝手な話です。
    本編ではほぼ登場しなかったケンヤの両親の話がかなり良かった。
    クズな大人がたくさん出てくる作品ではあったが、それ以上に立派な大人達がいてくれたんだなあと。
    おかげで彼らがきちんとまっすぐな大人になったなあと。
    ありがとう。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北海道出身、千葉県在住。第40回「手塚賞」佳作。第41回「手塚賞」準入選。1995年「アフタヌーン四季賞 春のコンテスト」準入選。代表作は『カミヤドリ』(角川書店刊)、『鬼燈の島』、『魍魎のゆりかご』(スクエア・エニックス刊)など。

「2020年 『夢で見たあの子のために (6)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三部けいの作品

ツイートする
×