青の数学(新潮文庫) [Kindle]

著者 :
  • 新潮社
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【新潮文庫の100冊2019】数学に打ち込む、というか数学のことしか考えられない高校生たち。メインはネット上で繰り広げられる数学勝負のコミュニティと、そこから飛び出た数学合宿での出来事。中学生の頃に数学オリンピックの存在は知ったものの、問題に手も足も出なかった僕には想像を絶する世界だけど、手が出る人間にとってはスポーツと同様に、いや、それ以上にも熱い世界なんだろう。スポーツ×青春と同じように楽しめる。ただ、圧倒的存在として描かれる京のことが謎めき過ぎて気になる。続巻を読めということか。。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一九七八年八月、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。二〇一四年、第十回C★NOVELS大賞特別賞を受賞した『天盆』(「天の眷族」を改題)で鮮烈なデビューを飾る。著書に、奇病に冒され、世界中を跳躍し続ける少女の青春を描いた『マレ・サカチのたったひとつの贈物』(中央公論新社)、本の雑誌社『おすすめ文庫王国2017』でオリジナル文庫大賞に輝いた『青の数学』(新潮文庫nex)がある。

「2018年 『マレ・サカチのたったひとつの贈物』 で使われていた紹介文から引用しています。」

王城夕紀の作品

ツイートする
×