損する結婚 儲かる離婚(新潮新書) [Kindle]

著者 :
  • 新潮社
3.95
  • (5)
  • (9)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (157ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もうただひたすら情弱は怖いと思う。
    結婚制度の内容、不可解な点、それによって翻弄された人々、読んでてとても面白かったけど結婚ってなんだろうと考えてしまった。
    人によって、付き合ってる相手によってその答えは変わるし、結婚がパートナーと共にいるたった1つの手段でないこともわかった。
    他国と比べるばかりではどうしようもないけど、やっぱり日本の常識にとらわれている考え方や多様性を認められにくい社会はまだまだ変わらなければならないと思った。

  • 様々な例をあげていたが、一番言いたいことは結婚してから発生したお金が夫婦共通の財産である。そのため、離婚した場合、お互いに結婚してから稼いだお金を半分請求でき、離婚契機から離婚までの生活費ももらえるということ。安易に結婚しないこと

  • ツイッターで著者のツイートを見かけてなんとなく興味を持ち、サンプル見てそのまま購入。なんということはないのだけれど、今時内助の功はないよな。。。常識として広まるといいだろうと思う。

    極論ぽいところが多いのだけど、頷けるところも多い。虚構としての結婚制度、ということに尽きるんだろうな。見合い婚の復活とは逆方向の発想だけど、今後どうなっていくのか??

  • これ、今から結婚する人には必読書。経済的合理性という意味においても、読むべき本。

  • 恋愛工学で有名な藤沢さんの著書。結婚とは「所得連動型の債券」であるとし、金融取引の観点で深く考察されている。現代社会において、一夫一婦制の結婚というルールがうまく成立しているか?を考えさせられる良書。経済について明るくなくても、結婚に関心があれば簡単に読み進められる。結婚するリスクはどのように生じるか?また、マスコミによって報道される「芸能人の離婚」から学ぶケーススタディ、多くの報道で誤解を生んでいる「慰謝料」について、日本の法律に沿ってやさしく解説されている。

    ホリエモンの本や藤沢さんの本を読んでいると、合理的に突き抜けて考えると人間やめてるような気になってくるが、こういう本を読むと勉強になるからしょうがない。

  • 藤沢数希さんの結婚本を機内で読んだ。感情論に陥りがちな結婚を、あくまでもロジカルに制度から読み解いていく。その中身を知れば知るほど、会社経営における資本政策に他ならないことが分かり、ある意味ぞっとする。

  • わが子に会えない当事者たちから様々な話を聞かせていただき、同情したり、連帯感を持ったり。それなりに理解していた気がしたが、この本を読んで自分の甘さを思い知った。婚姻費用によって財産がむしり取られていく辛さや怒りといった気持ちがまったくといっていいほど、私はわかっていなかった。
    一方、別の気づきもあった。それは、経済的な面だけ取って言えば、物書きの私は結婚する価値がほとんどない人間だということ。極めて不安定で概して低収入なのだから。親はそこそこ資産があるがそれはあくまで親の金なのだ。
    こんな私と結婚してくれて子どもまで作ってくれた妻には感謝の念しかない。
    にしても読んでいてものすごく痛かったので一点減点。作品のクオリティと関係ないことだが。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。

「2017年 『ぼくは愛を証明しようと思う。(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)のその他の作品

藤沢数希の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする