涙するまで、生きる [DVD]

監督 : ダヴィド・オールホッフェン 
出演 : ヴィゴ・モーテンセン  レダ・カテブ 
  • オデッサ・エンタテインメント (2017年4月4日発売)
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :8
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571431213117

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アルジェリアで、スペイン人の両親から産まれたフランス人(と周りから言われている)主人公ダリュ。

    フランス軍に従事していたアルジェリア人が、時を経てアルジェリア独立のためフランスと戦うゲリラになっている。

    過去に同じフランス軍として戦っていた仲間もゲリラの一員になっていた。ゲリラのリーダーはフランス軍時代に旧知の仲だったが、今、そのリーダーはフランス軍に襲撃された時、ダリュを捕虜だとして交渉ごとのコマとする。

    場所と人、そして時の移り変わりにより、
    ダリュはどこへ行っても「外の人」として扱われる。
    スペイン人・フランス人・アラブ人・・・
    いったい自分は何なのか、
    いったい相手は何なのか。

    そんな問いを抱えながら生きているからこそ、
    罪人とされたモハメドに
    「縛られることなく生きろ」
    といったメッセージを送ったのではないかと思った。

  • 2017/4/29 ヴィコ.モーテンセン主演で惹かれて
    借りた カミュの「転落、王国の追放」
    ヴィコはこの役にピッタリ 知的で優しさに溢れている アルジェリアの独立 ずっと闘いは続き あのアトラス山脈の世界に圧倒される アラブ人のモハメドも良かった フランスとアルジェリア共存が難しい時代に 人と人とを結ぶ 人間としての共存に 心打たれた「与えれば 与えられる」

  • 1954年、アルジェリア。ダリュは小さな学校でアルジェリアの子供達に読み書きを教えていた。ある日、ダリュは学校から歩いて1日ほど先にある街で裁判を受けさせるために殺人事件の容疑者であるモハメッドを護送するように命じられる。

    興味深い映画だった。舞台であるアルジェリアは当時フランス領。1954年はアルジェリアがフランスの支配下から脱しようとおこした独立戦争が勃発する年である。物語はアルジェリア各地でゲリラがフランス人を狙ってテロを起こしているらしいという不穏な情勢から始まる。物語が進むにつれて徐々に明らかになっていくのだが、主人公のダリュは第二次世界大戦後、軍を離れ、アルジェリアの先住民の子供達に読み書きを教える学校をはじめた。アルジェリアは1830年以降フランス支配下に入るが、先住民は差別抑圧されている状況。ダリュは彼らの言語も流暢に話す。それもそのはずでダリュはアルジェリアで生まれている。両親の代にアルジェリアに移住してきた、ダリュはアルジェリア生まれのスペイン人だった。しかし、アルジェリア人からはフランス人と呼ばれ、フランス人からはアルジェリア人と呼ばれる。どちらからもよそ者扱いされる身の上だ。第二次世界大戦中は少佐として連隊を率いていたダリュ。モハメッドを護送中。アルジェリアのゲリラに捕まるが、その中にはかつてフランス軍としてイタリア相手に共に戦った仲間や部下もいた。ダリュにとっての同胞の線引きは簡単ではない。複雑さがディフォルトのダリュにとって盲目的に目の前の掟に従うことは愚かしさでしかない。それを思い知ったからこそダリュはフランス軍として戦った第二次世界大戦後、軍を離れ先住民の子供たちに読み書きを教える学校をはじめたのだろう。ダリュはアルジェリアの独立のためにはじめたことだとゲリラを率いるかつての戦友に激白している。国も宗教も言語も文化も考え方も違うからといって、相手を理解する努力をやめていいという言い訳にはならない。個々人で面と向かって接してみれば、お互いの共通点や接点も案外たくさん見つけられる。自分がそう扱ってもらいたいように他人に対しても接することを心がける。そんなことの積み重ねで少しづつでも皆が住みよい世界を目指していくしかない。そんなことを考えさせられたりもした。ストーリーは至ってシンプル。暗くなりすぎることも、重たくなりすぎることもなく、見やすい映画だったように思う。

    それにしてもヴィゴ・モーテンセン氏は一体何各語習得しているのか。英語習得にもアップアップな身としては羨ましい限りである。

  • 「あきらめたらダメだ」
    「神はお前と共にいる」
    「与えれば与えられる」
    「求めれば もたらされる」

    「真理自体が私を征服しない限り、私が真理を認識することはない。神は私が使えるようにと理性、論理、そしてなにもかも全てを授けてくれたが、同時に神が全ての主であることを私は忘れてはならない。」【フロマートカ】『神学入門』


    ‟自己”が全ての主であることを、‟私”は忘れてはならない。

    スタ-になっても、このような作品に出続ける、そんなヴィゴがやっぱり素敵。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

涙するまで、生きる [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

涙するまで、生きる [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする