DEMON デーモン [DVD]

監督 : ダニエル・アルフレッドソン 
出演 : アンソニー・ホプキンス  レイ・リオッタ  ジュリア・スタイルズ  アレクサンダー・ルドウィグ  ロックリン・マンロー 
制作 : キャッスル・フリーマン・Jr  リック・ダグデイル  ジョー・ガンジェミ 
  • ニューセレクト (2017年4月5日発売)
2.33
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4532318411668

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  街に戻ってきた女性が街の有力者の男につきまとわられる。協力をしてくれたのは一人の老人と男だった。

     うーん。。。小さなコミニュティで無敵になってしまった男に挑むという話なのかなぁ。なんかよく分からんまま終わってしまった。。。

  • アメリカ山間部の暗く地味で生き地獄のような閉塞感に包まれた重い作品でした。
    排外的で小さなコミュニティの中だと
    暴力と恐怖を支配するものが実権を握るのは
    至極当然のことなんだと思う。
    そんな社会の中で義憤を貫くこと
    それは自殺行為に等しい。
    結果想いを遂げることが出来たにせよ。
    自身の行動こそ暴力そのものであり、
    結局同じ穴のムジナでしかなかった。
    事態を見守る住人たちも黙して語らず…
    ある種の村社会の闇ルールを見たような気になった。
    しんどい作品です。

  • はじめは法治国家で、たかだか小さな村の男に保安官までもが手を出せないってどういうことだよ、と思ったのだけれどほぼほぼ大物マフィアのような感じになってしまっているのかな。
    それなら小さな村だから、という理由でわかる気がする。

    女の子はこんな大事になってしまってドキドキしないのだろうか。
    女の子にも何かありそうな気はしたのだけどもだめ男にひっかかっていたくらいなのかな。

    決着がついた後にすっと終わらずにだらだらといってもいいほどゆったりしていたので、決着で昂揚していた気分がすーんと下がっていったきがした。
    したのだけれども、レスターの最後の表情的にレスターもこんな気分だったのかもしれない。
    何が残ったわけでもないし何かを得たわけでもない。
    たいていの話がこういうものなんだろうけど喜びとか安心とかが全面に出ていて気がつけなかったんだな。

  • 田舎町で好き勝手生きてるクソ野郎をおじいちゃんと若者二人で倒す話 派手さはないけど面白かった!弱者(相手に対して体力とか知識が劣ってるの意味)が悪人の足元掬う話スキ ただヒロインが守られるより守る側の顔してんのよね

  • うーーーーん・・・・・(;´・ω・)

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

DEMON デーモン [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする