銀河英雄伝説 5 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) [Kindle]

  • 集英社
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (210ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ebookjapan

  • 繝ュ繧、繧ィ繝ウ繧ソ繝シ繝ォ縺ィ繝溘ャ繧ソ繝シ繝槭う繝、繝シ縺梧悽譬シ逧?↓逋サ蝣エ縲ゅΟ繧、繧ィ繝ウ繧ソ繝シ繝ォ縺後Ρ繧、繝ウ繧偵?√Α繝?ち繝シ繝槭う繝、繝シ縺後ン繝シ繝ォ繧帝」イ繧薙〒繧区演邨オ縺後→縺ヲ繧り憶縺九▲縺溘?ゅヶ繝ェ繝・繝ウ繝偵Ν繝医r隕九※縺ッ縺励c縺先悴譚・縺ョ繧ォ繧、繧カ繝シ縺後°繧上f縺??

  • 双璧登場 (*´▽`*)ノ

  • ビッテンフェルトの造形なんかでもそうだが少年漫画っぽ「過ぎる」演出は覚悟していたとはいえ、意識する都度、気になる
    今回は、それがいくらミッターマイヤーのことであっても、ロイエンタールが知り合って間もないラインハルトやキルヒアイスの前で大声をあげて取り乱すのか?ラインハルトが大貴族と事を構えるうえで兵士たちを大量に引率していくのか?という点

    いいこともある

    ただ本スレ界隈で微妙に評価する声の大きいワイドボーンとホーランドの有能化とか…
    ワイドボーンは無能の方向性が違う「正攻法に固執する無能」→「敗因分析ができず臆病な穏健策でその場をしのげないときに弱い」
    ホーランドは欠点の種類が違う「傲慢で唯我独尊で相手の意表を突くことだけで継戦能力を考えない」→「傲慢でフォロワーだけで幕僚を固め、司令官同士の通信にそいつらを割り込ませてなし崩しに我意を通す陰険な野心家」

    結局大局的にはどうでもいいようなホーランドの描写の割を食ってウランフとビュコックが消極的で負けを望むような(原作でホーランドに何度も通信してそのたび無視されてた)低能に見えてしまっているのがなんとも

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

田中 芳樹(たなか よしき)
1952年、熊本県本渡市(現・天草市)生まれ。学習院大学文学部・国文学科卒業、同大学大学院博士課程(国文学)修了。1978年に李家豊(りのいえ ゆたか)名義で雑誌『幻影城』に応募し、『緑の草原に…』で第三回幻影城新人賞(小説部門)を受賞、作家デビュー。
1982年、田中芳樹名義で、『銀河英雄伝説』シリーズを発表。アニメ化、コミック化、ゲーム化された大人気作品となる。ほか、2017年に完結した『アルスラーン戦記』もアニメ・ゲーム・コミックなど様々なジャンルミックスがなされており、非常に人気が高い。ほか、『創竜伝』などの人気シリーズがある。

銀河英雄伝説 5 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)のその他の作品

田中芳樹の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする